電子書籍 神様たちのお伊勢参り(双葉文庫) ラノベ

著者: 竹村優希 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

まずは、無料で試し読み

試し読み

24ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

神様たちのお伊勢参り あらすじ・内容

彼氏も職も失い、伊勢神宮に神頼みにやってきた谷原芽衣は、迷い込んだ山の中で不思議な青年・天に出会う。芽衣は、なりゆきで天の経営する宿『やおよろず』で働くことになったが、そこはなんだか不思議な宿。なんと『やおろず』は、お伊勢参りにやってくる全国の神様たちが宿泊する宿だった!?

この作品を共有

「神様たちのお伊勢参り(双葉文庫)」最新刊

芽衣と天は、毎年恒例のお伊勢参りに来ない磐鹿六雁命を心配して、栃木県にある高椅神社を訪ねる。しかし磐鹿六雁命は、海に蛤を採りに行ったままかえって来ていないという。捜しに行った海辺で海座頭という妖怪に会い、芽衣は「一番恐ろしいもの」を訊かれるが…。大ヒットシリーズ、第七段!

「神様たちのお伊勢参り(双葉文庫)」作品一覧

(7冊)

506〜660(税込)

まとめてカート

彼氏も職も失い、伊勢神宮に神頼みにやってきた谷原芽衣は、迷い込んだ山の中で不思議な青年・天に出会う。芽衣は、なりゆきで天の経営する宿『やおよろず』で働くことになったが、そこはなんだか不思議な宿。なんと『やおろず』は、お伊勢参りにやってくる全国の神様たちが宿泊する宿だった!?

谷原芽衣が伊勢神宮の内宮の裏山にある宿『やおろず』で働き始めて4カ月。火の神様にオムライスを振る舞ったり、猿田彦大神(天狗様!)に道案内されたり、相変わらず不思議なお客さんでいっぱいの日々。そんなある日、芽衣は大国主に頼まれて、白いうさぎを探しにおかげ横丁へ行くが…大人気神様ストーリー、第二弾!

11月になり、『やおよろず』の辺りも寒さが厳しくなったきた。中秋の名月は過ぎたがお月見をすることになり、天、燦、因幡とともに準備を進める芽衣。近くの野原にススキを調達に行った芽衣は、鹿屋野比売神という神様に出会う。彼女は「夫も天さんにお世話になっている」と言うが――日本中の神様がお伊勢参りにやって来る宿『やおよろず』を舞台に、神様との心温まる交流を描いた大人気シリーズ。

「神様たちのお伊勢参り(双葉文庫)」の作品情報

レーベル
双葉文庫
出版社
双葉社
ジャンル
ライトノベル
ページ数
251ページ (神様たちのお伊勢参り)
配信開始日
2017年8月2日 (神様たちのお伊勢参り)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad