電子書籍 ハヤブサ消防団(集英社文芸単行本) 文芸・小説

無料あり
著者: 池井戸潤 
みんなの★
4.5

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

池井戸潤最新刊『ハヤブサ消防団』刊行記念ガイドブック(試し読み付き) あらすじ・内容

ハヤブサ地区に移住してきたミステリ作家を待ち受けていたのは、連続放火事件だった。
果たしてその真相とは?
東京での暮らしに見切りをつけ、亡き父の故郷であるハヤブサ地区に移り住んだミステリ作家の三馬太郎。地元の人の誘いで居酒屋を訪れた太郎は、消防団に勧誘される。迷った末に入団を決意した太郎だったが、やがてのどかな集落でひそかに進行していた事件の存在を知る――。

最新刊刊行を記念して物語の舞台や消防団を徹底解説、さらに体験マンガを収録した『ハヤブサ消防団』ガイドブックを電子版にて配信いたします。電子版のみ、本作の試し読みを併録。ぜひダウンロードしてお読みください!

  • シェア:

「ハヤブサ消防団(集英社文芸単行本)」の無料作品

「ハヤブサ消防団(集英社文芸単行本)」最新刊

【2023年夏、TVドラマ化決定!】

ミステリ作家vs連続放火犯
のどかな集落を揺るがす闘い!

東京での暮らしに見切りをつけ、亡き父の故郷であるハヤブサ地区に移り住んだミステリ作家の三馬太郎。地元の人の誘いで居酒屋を訪れた太郎は、消防団に勧誘される。迷った末に入団を決意した太郎だったが、やがてのどかな集落でひそかに進行していた事件の存在を知る───。連続放火事件に隠された真実とは?

地方の小さな町を舞台にした、池井戸作品初の“田園”小説として、「小説すばる」連載中から話題を呼んだ珠玉のミステリ。

「ハヤブサ消防団(集英社文芸単行本)」作品一覧

(2冊)

0〜1,925(税込)

まとめてカート

ハヤブサ地区に移住してきたミステリ作家を待ち受けていたのは、連続放火事件だった。
果たしてその真相とは?
東京での暮らしに見切りをつけ、亡き父の故郷であるハヤブサ地区に移り住んだミステリ作家の三馬太郎。地元の人の誘いで居酒屋を訪れた太郎は、消防団に勧誘される。迷った末に入団を決意した太郎だったが、やがてのどかな集落でひそかに進行していた事件の存在を知る――。

最新刊刊行を記念して物語の舞台や消防団を徹底解説、さらに体験マンガを収録した『ハヤブサ消防団』ガイドブックを電子版にて配信いたします。電子版のみ、本作の試し読みを併録。ぜひダウンロードしてお読みください!

【2023年夏、TVドラマ化決定!】

ミステリ作家vs連続放火犯
のどかな集落を揺るがす闘い!

東京での暮らしに見切りをつけ、亡き父の故郷であるハヤブサ地区に移り住んだミステリ作家の三馬太郎。地元の人の誘いで居酒屋を訪れた太郎は、消防団に勧誘される。迷った末に入団を決意した太郎だったが、やがてのどかな集落でひそかに進行していた事件の存在を知る───。連続放火事件に隠された真実とは?

地方の小さな町を舞台にした、池井戸作品初の“田園”小説として、「小説すばる」連載中から話題を呼んだ珠玉のミステリ。

「ハヤブサ消防団(集英社文芸単行本)」の作品情報

レーベル
集英社文芸単行本
出版社
集英社
ジャンル
文芸・小説 ミステリー・推理・サスペンス 推理
ページ数
49ページ (池井戸潤最新刊『ハヤブサ消防団』刊行記念ガイドブック(試し読み付き))
配信開始日
2022年9月1日 (池井戸潤最新刊『ハヤブサ消防団』刊行記念ガイドブック(試し読み付き))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。