電子書籍 神狼記昔語り 黒狼秘譚 ラノベ

著: 斉城昌美 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

神狼記昔語り 黒狼秘譚1 上 選ばれしもの あらすじ・内容

神々の王―翼ある狼―とその妻―白い牝鹿―の庇護の下、幸福な日々を送っていた少年アシュラウル。しかし、その平安は束の間のものに過ぎなかった。ある日漂着した小舟で遊ぶうちに大海へと流され、バウィラノスと呼ばれる異国に流れ着く。言葉も分からず途方に暮れるアシュラウルは、執政家の美姫モアラに救われ、新たな生活を始める。二人のあいだに育まれていく秘めやかな愛の時――しかし、彼に旅立ちを運命づけた運命神ジャハアトの手は、容赦なくアシュラウルを激しい戦乱の渦へ導いていこうとしていた――。

この作品を共有

「神狼記昔語り 黒狼秘譚」最新刊

数々の苦難を乗り越え、ついにチキサムルの神殿に辿り着いたアシュラウルたち。「王は宝珠(ユリル)を携えて天空に聳える塔に昇り、その頂きで夏至の曙光を浴びよ。曙光によって解き放たれた宝珠の力が、王国の民を救うであろう」という伝説を信じ、アシュラウルとナシオリスは塔へと向かう。辛く長い旅の目的地でアシュラウルを襲う過酷な結末とは!?「神狼記昔語り」全六部、堂々の完結!

「神狼記昔語り 黒狼秘譚」作品一覧

(6冊)

550〜660(税込)

まとめてカート

神々の王―翼ある狼―とその妻―白い牝鹿―の庇護の下、幸福な日々を送っていた少年アシュラウル。しかし、その平安は束の間のものに過ぎなかった。ある日漂着した小舟で遊ぶうちに大海へと流され、バウィラノスと呼ばれる異国に流れ着く。言葉も分からず途方に暮れるアシュラウルは、執政家の美姫モアラに救われ、新たな生活を始める。二人のあいだに育まれていく秘めやかな愛の時――しかし、彼に旅立ちを運命づけた運命神ジャハアトの手は、容赦なくアシュラウルを激しい戦乱の渦へ導いていこうとしていた――。

愛する妻モアラと引き裂かれたアシュラウルは、ヴェイアノスの王太子に伴われ、真の生まれ故郷へ向かう。六百年の長きにわたり対立を続けるヴェイアノスとバウィラノス。その各々に属すことになってしまったアシュラウルとモアラは軋轢に苦しみながらも和平へ一縷の望みを繋ぎ、年に一度の逢瀬を重ねていた。しかしその密やかな愛も、運命神の前には為す術もなく――バウィラノスの奸計に填り、唯一の血を分けた兄が落命するに至り、遂にアシュラウルはバウィラノスに立ち向かう決意を定め、光の聖剣を抜き放つ!

亡き兄の跡を継ぎ、ヴェイアノスの将軍の座に就いたアシュラウルは、初戦の勝利に酔い、更なる戦いに逸る人々を抑え、バウィラノスの進攻に備えて、城塞の建設と軍の再編に腐心していた。一方、暗殺された父に替わり、バウィラノスの執政となったモアラもまた、台頭する軍部により、苦境に立たされていた。二人の思いとは裏腹に、再び戦いの幕が上がる。戦いの指揮を執るアシュラウルの双眸に映ったものは、皮肉にも同じ戦場に立つモアラの姿だった。

「神狼記昔語り 黒狼秘譚」の作品情報

レーベル
C★NOVELSファンタジア
出版社
中央公論新社
ジャンル
ライトノベル ファンタジー
ページ数
210ページ (神狼記昔語り 黒狼秘譚1 上 選ばれしもの)
配信開始日
2013年8月1日 (神狼記昔語り 黒狼秘譚1 上 選ばれしもの)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad