電子書籍 でもくらの糸場 マンガ

著者: なかせよしみ 
みんなの★
4.9

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

でもくらの糸場1 あらすじ・内容

糸場じゃ数がものを言う。

「あの子ら何人いるんだ?なんで同じ顔?」 新米女工として糸場に訪れた少女たちが見たものは…。 大正9年の「糸場」での少女たちの日常を描くコメディ漫画シリーズ第1弾。 2014年8月のコミティアにて「まるちぷるCAFE」より発行の自主出版誌。近代日本の製糸業について解説する「副読本」も収録。(本文51ページ)

この作品を共有
  

「でもくらの糸場」作品一覧

(6冊)

100〜150(税込)

まとめてカート

「なんじゃ?糸場の風呂を見るのは初めてか?」
大正9年の「糸場」での少女たちの日常を描くコメディ漫画シリーズ第4弾。
2017年2月12日のCOMITIA120にて「まるちぷるCAFE」より発行の自主出版誌。
「創作同人2017年7月」参加作品。(本文32ページ)

「屋敷まで来るように…って あたいらに何の用じゃろう?」
糸場を営む一族の屋敷はマーコたちにとっては糸場とはまた別の驚きだった。
大正9年の「糸場」での少女たちの日常を描くコメディ漫画シリーズ第5弾。

2018年5月5日のCOMITIA124にて「まるちぷるCAFE」より発行の自主出版誌。
「創作同人2018年7月」参加作品。(本文24ページ)

「糸場はもう動いちょる…なのにあたいらはここで寝ちょる」

子供らの世話をみることになったマーコとトーコは屋敷で朝を迎える。
大正9年の「糸場」での少女たちの日常を描くコメディ漫画シリーズ第6弾。

2019年5月の関西COMITIA55にて「まるちぷるCAFE」より発行の自主出版誌を電子書籍化。
第10回いっせい配信企画「創作同人2019年7月」参加作品。
(本文32p)