電子書籍 昭和天皇(文春文庫) 実用

著: 福田和也 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

昭和天皇 第一部 日露戦争と乃木希典の死 あらすじ・内容

ときに悲しいほどに小さく、ときに仰ぐように巨きい。さびしき「彼(か)の人」と、彼の人と同時代を生きた人々の相貌を通して激動の歴史全体を高密度で描く傑作評伝。これぞ福田和也のライフワーク!
明治34年4月29日、迪宮(みちのみや)裕仁親王は誕生した。チャーチル、スターリン、ルーズベルトら後の敵手よりも20も若く。日露戦争、第一次大戦を背景に少年は乃木希典による厳格な教育を受けて成長。しかし、その結婚をめぐって「宮中某重大事件」が起きる――。

この作品を共有

「昭和天皇(文春文庫)」最新刊

彼の人は「生前退位」を考えていた!
「私は退位したいと思う。どう思うか」
A級戦犯が処刑された昭和23年12月23日、侍従長へこう尋ねられた。

昭和天皇―彼の人―の視座を借りて、ルーズベルト、ヒトラー、スターリン、蒋介石、マッカーサー、ムッソリーニ、毛沢東といった現代史のメインプレイヤーから、戦陣に赴き、生還を期しながら斃れていった人たち、市井にひっそりとつましく生きている人々にいたるまでの膨大な人物と、事件を包含しつつ、昭和という時代を背景としたドラマを描く大作がついに完結。

第7巻では、昭和20年8月16日から、サンフランシスコ講和条約の批准書に署名した昭和26年11月19日までの、敗戦から立ち上が昭和天皇と国民を描く。

「昭和天皇(文春文庫)」作品一覧

(7冊)

692〜815(税込)

まとめてカート

ときに悲しいほどに小さく、ときに仰ぐように巨きい。さびしき「彼(か)の人」と、彼の人と同時代を生きた人々の相貌を通して激動の歴史全体を高密度で描く傑作評伝。これぞ福田和也のライフワーク!
明治34年4月29日、迪宮(みちのみや)裕仁親王は誕生した。チャーチル、スターリン、ルーズベルトら後の敵手よりも20も若く。日露戦争、第一次大戦を背景に少年は乃木希典による厳格な教育を受けて成長。しかし、その結婚をめぐって「宮中某重大事件」が起きる――。

「彼(か)の人は、この地において、その人生のなかでもっとも甘美な時の一つをもった」。大正10年、皇太子裕仁は初の欧州外遊で自由の味を知る。しかしその青春は早すぎる終焉を迎えた。帰国後、原敬首相暗殺、関東大震災、虎の門事件などが続発し、世情が不穏の相を濃くする中、やがて大正天皇が崩御。ついに裕仁の時代が訪れる。

彼(か)の人は、その治世のはじめから危所に足を踏み入れた。1926年12月25日、25歳の若さで玉座についた裕仁。金融恐慌、張作霖事件、浜口首相狙撃、血盟団事件――日本経済が破綻への道を進み、血なまぐさい事件が頻発する。若き天皇は、田中義一総理をはじめ多くの臣下との対立を経験しつつ、新時代の幕を開く。

「昭和天皇(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用
ページ数
344ページ (昭和天皇 第一部 日露戦争と乃木希典の死)
配信開始日
2016年6月24日 (昭和天皇 第一部 日露戦争と乃木希典の死)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad