電子書籍 ビジネスベーシック「超解」シリーズ 実用

著者: 福岡雄吉郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

決算書で面白いほど会社の数字がわかる本 (ビジネスベーシック「超解」シリーズ) あらすじ・内容

決算書が苦手という方は多い。
なぜか……というところから本企画はスタートしました。

●すべて理解しようとするから難しいのでは

●確認する箇所は最低限にできないか

●道具とするためにどうしたらいいのか

●(決算書が)わかると、どんなご褒美がもらえるのか

基本と実践を直結させる方法はないのかという無理難題を
すべて著者の方に答えていただきました。

これからの会社経営は、売上より利益、利益よりお金(キャッシュフロー)を考えることが非常に重要になります。
それには、決算書を読んで「お金の動き」をつかみ、
決算書を使って「いかにお金を増やすか?」を考えなくてはなりません。

「会社をつぶさないための決算書の読み方」
「いかに経営効率をあげ、お金の流れをよくするか」……


■目次
ポイント [図解]決算書のつながりを知ろう

第1章 会社の数字、4つのポイントを押さえれば十分
第2章 損益計算書で会社の業績をのぞいてみよう
第3章 損益計算書でお金の流れを理解する
第4章 貸借対照表で会社のフトコロ事情をのぞく
第5章 4つのポイントで実際に見てみよう
<参考>その他の財務諸表はさらりと流す

■著者 福岡雄吉郎
■監修 井上和弘

この作品を共有

「ビジネスベーシック「超解」シリーズ」最新巻

正しいだけではダメ。
敬意が相手にきちんと伝わるようにシーン別の表現をマスターする
相手を不快にさせない

あなたの評価を下げている原因は
・過剰
・マニュアル
・繰り返し

使いこなせば『信頼度はぐっと上がる』


■敬語をうまく使うポイント
丁寧になりすぎない   ⇒ 丁寧すぎるとくどくなる。普段の言葉遣いがベース
同じ敬語ばかり使わない ⇒ 「ありがとうございます」ばかりでは陳腐化する
フレーズを増やしていく ⇒ 繰り返しが避けられるうえ、シーンごとに対応できる


■ 敬語をうまく使えないと損をする
私たちNHK放送研修センター日本語センターには、
数多くの新社会人に対する言葉遣いの研修の要請があります。
講師はすべてアナウンサー経験者ですので、
テレビなどで使う平易で、かつ丁寧な敬語を基本に指導しています。
その観点から見ると、敬語が苦手な人の話し方には、
2つの特徴があります。

1つは、とても丁寧な言い回しをしようとすることです。
敬語に対する苦手意識からか、言葉をたくさん足して、
なるべく丁寧に言おうとし、それが、パターン化します。
例えば、何でも「ございます」をつけて話したり
「させていただきます」を連発したり、こういう話し方です。

もう1つの特徴は、丁寧な言い回しの中に、
突然、不用意な言葉が口をついて出ることです。
「やっぱ」「やっぱし」「ぶっちゃけ」「(新しい)やつ」。
普段、使っている言葉がとっさに出てくるのです。
いずれにしても、その傾向に、本人が気づいていないケースが
ほとんどです。そのため、本人の知らないうちに、信用・信頼を失っています。
敬語をうまく使えないと、知らず知らず損をしていることを自覚してください。
逆に、敬語を巧みに利用すれば、 あなたの評価はぐっと上がるものです。

この本では、国語の教科書に出てくるような敬語の解説や、
敬語の間違いばかりをあげつらうことはしません。
ただし、より詳しく敬語を勉強したい方には
巻末資料として基礎知識をまとめています。

実は、教科書通りに正しい使い方をしていても、
相手を不快にしてしまう言い回しもあるのです。
様々な場面で適切な言い回しを、
あなたの言葉で表現することを本書はサポートしていきます。
言葉を覚えるのではなく、磨いていくという発想で
敬語を上手に使っていきましょう。
※本書「はじめに」より

■監修 一般財団法人 NHK放送研修センター日本語センター
■著者 合田敏行

「ビジネスベーシック「超解」シリーズ」作品一覧

(7冊)

各1,100円 (+税)

まとめてカート

決算書が苦手という方は多い。
なぜか……というところから本企画はスタートしました。

●すべて理解しようとするから難しいのでは

●確認する箇所は最低限にできないか

●道具とするためにどうしたらいいのか

●(決算書が)わかると、どんなご褒美がもらえるのか

基本と実践を直結させる方法はないのかという無理難題を
すべて著者の方に答えていただきました。

これからの会社経営は、売上より利益、利益よりお金(キャッシュフロー)を考えることが非常に重要になります。
それには、決算書を読んで「お金の動き」をつかみ、
決算書を使って「いかにお金を増やすか?」を考えなくてはなりません。

「会社をつぶさないための決算書の読み方」
「いかに経営効率をあげ、お金の流れをよくするか」……


■目次
ポイント [図解]決算書のつながりを知ろう

第1章 会社の数字、4つのポイントを押さえれば十分
第2章 損益計算書で会社の業績をのぞいてみよう
第3章 損益計算書でお金の流れを理解する
第4章 貸借対照表で会社のフトコロ事情をのぞく
第5章 4つのポイントで実際に見てみよう
<参考>その他の財務諸表はさらりと流す

■著者 福岡雄吉郎
■監修 井上和弘

ビジネスセミナー人気講師による入門書。
有名企業の成功事例を豊富に交えながら基本から解説。
流れは「3C分析」→「STP分析」→「4p戦略」というシンプルなもの。

本書の手順をふめば、実際にマーケティング戦略を立てられる構成に。
著者の持論は「優良顧客と付き合うためにしっかりとしたビジネスモデルを構築する」。

自らマーケティング会社を経営し、本書のノウハウを実践、右肩上がり成長を続ける。
『リーダーシップで面白いほど結果が出る本』とともに、
ビジネスベーシック「超解」シリーズ:同時創刊第一弾。

■目次

●第1章 マーケティングとはそもそもなにか

●第2章 戦略の基本を押さえる

●第3章 3C分析で現状を正確に把握する

●第4章 STP分析で戦略の中身を決める

●第5章 4P戦略で自社の価値を最大化しよう

■著者 市川晃久

失敗を恐れずにチャレンジする。たとえ失敗してもその学びを次の成功に転化する…
「真のリーダーシップ」を獲得するために!
リーダーシップを発揮するための「3つの力」、構想力、推進力、育成力。
2000人以上の現場リーダーの育成支援に携わり飛躍的な業績アップに貢献、
組織変革を実現したリーダーシップ。

著者は中堅・中小企業への経営支援を手掛ける大手コンサルタント会社のなかで
抜群の実績を誇る人気コンサルタント。
著者の持論は「リーダーシップは先天的な資質ではなく、
努力によって誰でも身につけられるスキルである」。
自ら実践し、ダントツのチーム成績を作り続けるリーダーシップの
原理原則をこの1冊に。


■目次

・第1章 リーダーとしての「覚悟」を決める

・第2章 リーダーシップの起点になる「構想力」を鍛える

・第3章 チームが飛躍的に強くなる「推進力」を高める

・第4章 メンバーがグングン伸びる「育成力」を養う

・第5章 ゼッタイに結果が出せる「マネジメント術」

・第6章 メンバー全員がやる気を出す「コミュニケーション術」

■著者 川原慎也

「ビジネスベーシック「超解」シリーズ」の作品情報

レーベル
――
出版社
あさ出版
ジャンル
実用 マナー・冠婚葬祭 ビジネス 教養 自己啓発・生き方 社会 学問
ページ数
248ページ (決算書で面白いほど会社の数字がわかる本 (ビジネスベーシック「超解」シリーズ))
配信開始日
2016年8月20日 (決算書で面白いほど会社の数字がわかる本 (ビジネスベーシック「超解」シリーズ))
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad