電子書籍 やさしく語る 碁の本質(囲碁人ブックス) 実用

著: 白石勇一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

やさしく語る 碁の本質 あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「地を取る」よりも大事なことがある!

囲碁はどのようなゲームか?
多くの方は「相手より地を多く取った方が勝ち」と答えるでしょう。しかし、それは碁を一面でしか捉えていません。

著者の白石勇一プロは本書で以下のように述べています。

・中盤が終わるまで地のことは一切考える必要がないと言っても過言ではない

・地を取る手よりも、「石の強弱」を考えた手がまず優先される

本書では、碁の本質を考えるうえで、一番に身につけたい「石の強弱」をテーマにしています。

石の強弱が理解できるようになると、石の方向で大きく間違えることがなくなり、結果として負けにくい碁になります。

白石プロは六千局にのぼる豊富な指導碁実績をもち、その解説の分かりやすさは棋界随一です。

本書でも、アマチュアが曖昧に理解している事項を基本から説明しており、有段者の方でも得るものがある内容になっています。

アマチュアに一番知ってほしい碁の考え方が存分に詰まった一冊です。

この作品を共有

「やさしく語る 碁の本質(囲碁人ブックス)」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「地を取る」よりも大事なことがある!

囲碁はどのようなゲームか?
多くの方は「相手より地を多く取った方が勝ち」と答えるでしょう。しかし、それは碁を一面でしか捉えていません。

著者の白石勇一プロは本書で以下のように述べています。

・中盤が終わるまで地のことは一切考える必要がないと言っても過言ではない

・地を取る手よりも、「石の強弱」を考えた手がまず優先される

本書では、碁の本質を考えるうえで、一番に身につけたい「石の強弱」をテーマにしています。

石の強弱が理解できるようになると、石の方向で大きく間違えることがなくなり、結果として負けにくい碁になります。

白石プロは六千局にのぼる豊富な指導碁実績をもち、その解説の分かりやすさは棋界随一です。

本書でも、アマチュアが曖昧に理解している事項を基本から説明しており、有段者の方でも得るものがある内容になっています。

アマチュアに一番知ってほしい碁の考え方が存分に詰まった一冊です。

「やさしく語る 碁の本質(囲碁人ブックス)」の作品情報

レーベル
囲碁人ブックス
出版社
マイナビ出版
ジャンル
実用 囲碁・将棋
ページ数
226ページ (やさしく語る 碁の本質)
配信開始日
2016年12月2日 (やさしく語る 碁の本質)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad