電子書籍 「深山さんちのベルテイン」シリーズ ラノベ

著者: 逢空万太  イラストレーター:  
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

59ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

深山さんちのベルテイン あらすじ・内容

虎太郎と奮闘する、メイドロボットベルさんのゆるふわ日常ショートストーリー。

「コタロー殿、起きるであります、起きるであります!」深山さんちのメイドロボ。ベルさんことベルテインは今日も働き者。小さな身体で、ご主人様である琥太郎に尽くします。そんな彼女の本来の使命であり最大の悩みは―。「…コタロー殿、コタロー殿」「なに?」「家の中でまで女装するのはどうかと思うであります、どうかと思うであります。」―女の子より可愛い男の娘の琥太郎と、そんな彼を更正させんと日夜奮闘するベルさんが繰り広げる、ゆるふわ日常ショート・ストーリー。「這いよれ!ニャル子さん」の逢空万太が贈る新シリーズ。疲れたとき、一息つきたいときに是非どうぞ! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

この作品を共有

「「深山さんちのベルテイン」シリーズ」最新刊

深山さんちのベルテイン3 ラノベ
著者: 逢空万太  イラストレーター:  

600円(+税)

季節が巡って、琥太郎たちの住む町にも秋が訪れていた。昔遊んだ公園で、幼なじみとちょっぴり思い出にひたってみたり、中間考査があったり、大人ベルさんに迫られたり、不良の先輩に絡まれたりと、それはいたって普通の日常で――。「……ぽっ、であります、であります」 「ど、どしたの、急にほっぺ赤くして」 「コタロー殿とベルもカップルに見えているでありますか、見えているでありますか」 「それはないんじゃないかな……」 「厳しい現実であります……厳しい現実であります……」 そして学校祭では、とうとう琥太郎が男の子の格好を――!? 可愛いメイドロボのベルテインと琥太郎のハートフルゆるふわストーリー第3弾。 ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

「「深山さんちのベルテイン」シリーズ」作品一覧

(3冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

深山さんちのベルテイン ラノベ

著者: 逢空万太  イラストレーター:  

600円(+税)

「コタロー殿、起きるであります、起きるであります!」深山さんちのメイドロボ。ベルさんことベルテインは今日も働き者。小さな身体で、ご主人様である琥太郎に尽くします。そんな彼女の本来の使命であり最大の悩みは―。「…コタロー殿、コタロー殿」「なに?」「家の中でまで女装するのはどうかと思うであります、どうかと思うであります。」―女の子より可愛い男の娘の琥太郎と、そんな彼を更正させんと日夜奮闘するベルさんが繰り広げる、ゆるふわ日常ショート・ストーリー。「這いよれ!ニャル子さん」の逢空万太が贈る新シリーズ。疲れたとき、一息つきたいときに是非どうぞ! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

深山さんちのベルテイン2 ラノベ

著者: 逢空万太  イラストレーター:  

600円(+税)

季節はうつろい夏となった。夏といえば、七夕、祭り、そして海! プールもいいけど、やっぱり海!! ということで海辺へとやってきたベルテインと琥太郎たち。「ベルさん、海に入って大丈夫なの?」――風呂場でも溺れるのに。「うう……残念ながら無理であります。本来ならベルはシャチの速度、ウナギの適応力、タコの柔軟性を併せ持った泳ぎができるはずだったであります。」「できるはずだったでありますってどんな泳ぎ方?」――などと海辺ではしゃいでいたら、なんと琥太郎が初ナンパされちゃって!? あの邪神たちもちょっぴり這いよった、ゆるふわ日常ショート・ストーリー第2弾! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

深山さんちのベルテイン3 ラノベ

著者: 逢空万太  イラストレーター:  

600円(+税)

季節が巡って、琥太郎たちの住む町にも秋が訪れていた。昔遊んだ公園で、幼なじみとちょっぴり思い出にひたってみたり、中間考査があったり、大人ベルさんに迫られたり、不良の先輩に絡まれたりと、それはいたって普通の日常で――。「……ぽっ、であります、であります」 「ど、どしたの、急にほっぺ赤くして」 「コタロー殿とベルもカップルに見えているでありますか、見えているでありますか」 「それはないんじゃないかな……」 「厳しい現実であります……厳しい現実であります……」 そして学校祭では、とうとう琥太郎が男の子の格好を――!? 可愛いメイドロボのベルテインと琥太郎のハートフルゆるふわストーリー第3弾。 ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

「「深山さんちのベルテイン」シリーズ」の作品情報

レーベル
GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
ジャンル
ライトノベル 男性向け ラブコメディ
ページ数
281ページ (深山さんちのベルテイン)
配信開始日
2012年1月12日 (深山さんちのベルテイン)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad