電子書籍 おにぎりスタッバー(角川スニーカー文庫) ラノベ

著者: 大澤 めぐみ  イラスト: U35 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

62ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

おにぎりスタッバー あらすじ・内容

世界を巻き込む、自意識と恋。

中萱梓。愛称アズ。
見た目も成績も地味なのに「なんか援交だか売春だかをやっているらしい」という噂によって、クラス全員に避けられている。
彼女があの時男を連れ込んで、俺が台所にいて、まあいわゆる修羅場になったせいで、魔法少女やらおにぎりやらが出てくる奇怪な事件が始まったんだが、そんなのは些細な話だ。俺が誰かも気にしなくていい。
だけどどうか彼女の話を聞いてやってくれ。

《自意識持て余し気味のあなたへ捧げる、WEB発、危険な青春エンタメ》

この作品を共有

「おにぎりスタッバー(角川スニーカー文庫)」最新刊

「あ、目が覚めたんだ」見知らぬ天井。咽せるような血の臭い。「こんな場所で何してたの?」思い出せない。ここはどこだ。なぜわたしは倒れている。「とにかく気を付けなよ、人食いマンに」巷で噂の美少女専門の連続殺人鬼?「攫われて殺されてバラバラにされて食べられちゃうんだよー」そうだ、わたしはそいつを必ず見つけて
――「この手で殺さないといけないんだった」
サワメグとアズの出会いを語る「おにぎりスタッバー」前日譚。

「おにぎりスタッバー(角川スニーカー文庫)」作品一覧

(2冊)

660〜682(税込)

まとめてカート

中萱梓。愛称アズ。
見た目も成績も地味なのに「なんか援交だか売春だかをやっているらしい」という噂によって、クラス全員に避けられている。
彼女があの時男を連れ込んで、俺が台所にいて、まあいわゆる修羅場になったせいで、魔法少女やらおにぎりやらが出てくる奇怪な事件が始まったんだが、そんなのは些細な話だ。俺が誰かも気にしなくていい。
だけどどうか彼女の話を聞いてやってくれ。

《自意識持て余し気味のあなたへ捧げる、WEB発、危険な青春エンタメ》

「あ、目が覚めたんだ」見知らぬ天井。咽せるような血の臭い。「こんな場所で何してたの?」思い出せない。ここはどこだ。なぜわたしは倒れている。「とにかく気を付けなよ、人食いマンに」巷で噂の美少女専門の連続殺人鬼?「攫われて殺されてバラバラにされて食べられちゃうんだよー」そうだ、わたしはそいつを必ず見つけて
――「この手で殺さないといけないんだった」
サワメグとアズの出会いを語る「おにぎりスタッバー」前日譚。

「おにぎりスタッバー(角川スニーカー文庫)」のおすすめコメント

おにぎりスタッバー モヌス(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2017/03/08

「ただの青春エンタメには興味ありません」という方は必読!

女子高校生による日常語りからスタートする本作品。 朝起きて、朝ごはんを作るためにベーコンと卵を焼いて、食パンをトースターに入れ、コーヒーメーカーをセットして、キャベツをせん切りにしようとしたら包丁の隣にエクスカリバーが並んでいることに驚き、置きっぱなしにしたお母さんを注意して、出来上がった朝食を食べて学校に行き…あれ、何か非日常的なものが紛れていた気が…。 そして学校でのランチタイムでは、高校で初めてできた友達で魔法少女でもあるサワメグとおしゃべりしながらお弁当を食べ…、ってやっぱり非日常的な単語が! 気のせいではなく、日常の中で唐突に非日常的な表現・ワードがどんどん出てきますので注意してください。 そしてヒロインは男を食いまくっているという噂が立っており、「何だビッチが主人公か」と心をざわつかせておりましが、「あ、そういうことね」と物語は意外な方向へ。 少しの油断も出来ない、新しい形の青春エンタメ作品です。

「おにぎりスタッバー(角川スニーカー文庫)」の作品情報

レーベル
角川スニーカー文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ライトノベル 男性向け 試し読み増量中 めがイラスト
ページ数
265ページ (おにぎりスタッバー)
配信開始日
2016年12月28日 (おにぎりスタッバー)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad