セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

HOW TO電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

HOW TO関連タグ

HOW TOの日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

HOW TO一覧へ

ドラゴン桜(19)

東大合格請負漫画!! 弁護士・桜木による落ちこぼれ高校の再建計画、その内容は東大合格者100人!! 「本番に弱い」は克服できる!! 本番前に不安を抱いて当たり前だ!! これは恥ずかしいことではない、むしろ不安は努力の勲章だ!! 不安をコントロールして「本番に強い人」になれ!

続きを読む

折りたたむ

人生がときめく片づけの魔法2

ミリオンセラーの第2弾、待望の刊行!日本列島に衝撃を与えたこんまり流片づけ法。刊行以来、130万部を超えるベストセラーとなり、2012年上半期ベストセラーで総合2位(トーハン・日販調べ)となった『人生がときめく片づけの魔法』。その続編となる本書は、日本列島に衝撃を与えたあの「こんまり流片づけ法」のすべてを書き尽くしたといっても過言ではありません。本書は、「片づける気持ちはあるけれど、まだ片づけを終えていない人」に「片づけを完璧に終わらせる方法」を伝えるために書かれたものです。片づけを完璧に終わらせるためには、まずは、「捨てる」を終わらせることが大前提です。では、モノをただ捨てまくればいいのかというと、それは違います。「何でもかんでも捨てる」のではなく、「ときめくモノをきちんと残す」ことができて初めて、理想の暮らしを手に入れることができると、著者はいいます。片づけのノウハウをどんなにたくさんつまみ食いしたところで、じつは本当の意味で片づけることができるようになるわけではありません。前著が「片づけはマインドが9割」という考えのもと、「まずは、『捨てる』を終わらせる」ための本であるとすれば、本書は「ときめかないモノを捨てたあと、理想のおうちやときめく暮らしをどうやって実現するか」をテーマにして書かれた本です。前著にない特長として、服のたたみ方からクロゼット・押し入れ・キッチンの収納法まで、イラストを使ってわかりやすく解説してあります。著者がふだんの片づけレッスンで教えている内容を余すところなく書き尽くした本書は、これから片づける人にとっても、すでに片づけを終えた人にも座右の書となること、間違いありません。

続きを読む

折りたたむ

ドラゴン桜(20)

センター試験当日マル秘テクニック伝授!! 来年受験する人は読んでおけ!! 勝負所で躊躇するヤツは勝てないし成功しない。結局、スポーツでも学問でもビジネスでも、勝負は思い切って開き直った者が勝ち、必ず成功する!! センター模試で目標の700点越えを果たし、予想問題が一番的中しやすいという予備校の冬期講習も受けた水野と矢島の手元にセンター試験票が届く。そしていよいよセンター試験当日。東大二次への足きり最低ライン700点。本番での二人の点数は……!?

続きを読む

折りたたむ

ドラゴン桜(17)

本物の受験生それは、「自分で勉強する」ということ。自分がしたい勉強をする、そうなれば周りが余計な指導をする必要はない! 「不安なときこそ、『ドラゴン桜』に立ち返ろう。自信が湧いてくる!」――セラピスト石井裕之(『なぜ、占い師は信用されるのか?「コールドリーディング」のすべて』著者)

続きを読む

折りたたむ

はげます技術

うつ病の方に「がんばれ!」という言葉が禁句だというのはよく聞く話ですが、ではなぜ禁句なのかをみなさんはご存じでしょうか?家族や友人、恋人など、大切な人が悩み、苦しんでいるとき、「助けてあげたい」「力になりたい」と思うのが人の心というもの。しかし、「はげます」という行為は、ときにそうした気持ちだけではどうにもならないことがあります。その典型例こそが、うつ病の方に「がんばれ!」と声をかけることなのです。誰かを本当にはげますには、気持ちだけでなく技術が必要です。こう書くと、まるで“うまい言葉”や“気の利いたセリフ”が必要なのかと思われるかもしれませんが、そうではありません。ここでいう「技術」とは、もっと基本的な、それでいて意外と見逃されがちな相手との接し方や心構えのこと。本書ではそれを「3つのS」と呼んでいます。この、プロだけが知っている「3つのS」を実践すれば、必ずやあなたの大切な人は笑顔を取り戻し、元気になるはずです。身近にはげましたい人がいる方は、ぜひ読んでみてください。

続きを読む

折りたたむ

はげます技術

あさくらゆかりサンマーク出版

「明日までに大量の資料を読み込んで、報告書を作成しなければいけない・・・」そんなあなたにオススメしたいのが、本書で紹介する速読記憶術。この記憶術をマスターすれば、膨大な情報を手際よく記憶でき、日々の仕事や資格試験の勉強などで、あなたの強力な武器になります。

仕事が3倍速くなる 超速★記憶術

社会から評価される頭の良さの基準の一つが、記憶力と情報量(知識量)です。本やインターネット上の情報を大量に読んで記憶し、それらを必要に応じて即座に取り出せる人が「頭の良い人」として評価されます。たとえば情報に頼るタイプの仕事を効率よく進める、資格試験で高得点をあげて合格する、といったことです。本書では、職場における情報処理効率を上げるためにも、資格試験においても抜群の威力を発揮する速読記憶術のノウハウを紹介しています。本書の速読記憶術のノウハウを実践すれば、必ずやビジネスの現場において役立てられるでしょう。

続きを読む

折りたたむ

ページ先頭へ

本文の終わりです