セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

自己啓発電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

自己啓発関連タグ

自己啓発の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

自己啓発一覧へ

世界のエリートがやっている 最高の休息法

【「脳疲労」がすぐ消えて、頭が冴える】「疲れがとれない…」こんなに休んだのになぜ?――アイドリング状態でも勝手に疲労を溜めていく脳には「科学的に正しい休ませ方」があった! 集中力や行動力を高める究極の休息メソッドを、イェール大で学び、米国で18年診療してきた精神科医が明かす。

続きを読む

折りたたむ

10分で読める恋愛の教科書~確実に女性にモテる雰囲気イケメンの作り方~

さっと読めるミニ書籍です(文章量8,000文字以上 9,000文字未満(10分で読めるシリーズ)=紙の書籍の16ページ程度)

【書籍説明】

この本は、自分自身がモテないと感じる方や女性からのアプローチが少ない方、もっと女性との交流関係を広げたい方に贈る本だ。

筆者自身、昔は女性からは全くと言っていいほどモテなかった。いやもっと言えば、女性たちの視界に入っていたかどうかさえ疑わしい。

そんな非イケメンの私が、「雰囲気イケメン」なるものを目指し確立してからは着実に異性にモテるようになった。

ここでいう雰囲気イケメンとは、ルックスは普通だが、醸し出される雰囲気や仕草、立ち居振る舞いによってただのイケメンよりも深くて強いイケメンを指す。

顔がイケメンと呼ばれる人たちは多く存在し、彼らがモテることは自明の理だ。だが、雰囲気イケメンは彼らをも凌駕する。しかも作れるのだ。

こんなおいしい話をほっておくのはもったいないとは思わないか。本書では、その雰囲気イケメンの作り方をわかりやすく解説している。

雰囲気イケメンになることができれば、あなたは自信を取り戻し、女性を口説いたり女性からデートに誘われたりと、女性と関わることが楽しくなる。

イケメンの類になることのデメリットはない。豊かなイケメンライフを歩むための一つの手段として、本書を活用してほしい。


【目次】
雰囲気イケメンと外見
雰囲気イケメンと運動
雰囲気イケメンと食事
雰囲気イケメンとこだわり
雰囲気イケメンと余裕
雰囲気イケメンと自己暗示
雰囲気イケメンと興味
… 以上まえがきより抜粋

続きを読む

折りたたむ

電話恐怖症のあなたへ。ビジネス電話克服マニュアル。これで、もう怖くない。

5分で読めるミニ書籍です(文章量5500文字程度=紙の書籍の11ページ程度)

「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。

まえがき

「電話とれよ!」上司の声はどこでも同じ

近年若い社員と年配社員の間で軋轢を生むことの多いもの。
それは電話です。
「電話をとれ」
「電話ぐらいとれないのか?」
ならまだしも、私が以前おつきあいしていた会社ではこんなことがありました。

電話をとったのは二十代の新人男性Aくん。
社長への電話でしたので引き継ぎました。相手の名前もちゃんと引き継ぎましたし、彼としては特に問題があったとは思えません。
ところが、その後社長から呼び出しが。
「Aを呼べ!」
N社長の話はこうでした。
電話の相手はとても親しくしている別の会社の社長。
受話器を取るなり、いきなり言われたそうです。
「○○だけど、Nさん?さっき電話をとった感じの悪い男は誰?あんな奴に電話を取らしちゃいかんよ。会社のイメージが悪くなる」
Aくんには全く心当たりはありませんでした。小さな会社だったのでAくんはそれ以後「できない奴」の烙印を押されてしまったことは言うまでもありません。
電話一つでこんなことになるとは、思ってもみなかったとぽつりと話してくれました。
彼の中では大きな失敗をしたという気持ちは、この時にもなかったのですから。… 以上まえがきより抜粋

続きを読む

折りたたむ

どんな本でも大量に読める「速読」の本 【電子書籍版 特典付】

【電子書籍版 特典付】速読に挫折した人、身に付かなかった人、流行に乗り遅れた人、敬遠していた人でも、この1冊で大丈夫。特別な技術や練習は不要で、早く読んだのに内容を覚えられて理解できる、高速大量回転法を伝授します!

続きを読む

折りたたむ

ゼロ

「誰もがゼロからスタートする。失敗してもゼロに戻るだけで、決してマイナスにはならない。だから一歩を踏み出すことを躊躇せず、前へ進もう」――なぜ堀江貴文は、逮捕されすべてを失っても希望を捨てないのか? 彼の思想のコア部分を、その「自伝的告白」と絡めながら述べる堀江本の決定版! 出所後初の書き下ろし!!

続きを読む

折りたたむ

ゼロ

堀江貴文ダイヤモンド社

本物の思考力(小学館新書)

「数字・ファクト・ロジック」で考えよう。

「日本は大学進学率が高い」「侘び寂びが日本の伝統文化だ」「日本では夫婦同姓が当たり前」――。こうした言説は、新聞やテレビでもなかば“常識”のように語られています。しかし、著者であるライフネット生命会長の出口治明さんは、「『数字、ファクト、ロジック』に基づいて考えれば、そのような“常識”は思い込みや固定観念によるものだ」といいます。たとえばOECDの調査によると、日本の大学進学率は先進国のなかでは低いほうなのです。
ネットなどで聞きかじっただけの情報をもとにしていては、適切な判断などできるわけがありません。日本社会に蔓延するゴシップや流言飛語に惑わされず、物事を正しく判断するには、リテラシー(本質を見極める力)を鍛えて正しい情報と間違った情報を見分け、「人・本・旅」から有用な情報を収集し、先入観にとらわれず物事をゼロから捉え直していくことが重要です。このような、出口さんが実践している「腹に落ちるまで考え抜く」方法を徹底的に解説します。

続きを読む

折りたたむ

本物の思考力(小学館新書)

出口治明小学館

ページ先頭へ

本文の終わりです