セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

自己啓発電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

自己啓発のランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

ちょっとした「仮説」が世の中を面白くする

ぼくらの仮説が世界をつくる

編集者はなんのためにいるのか?
『宇宙兄弟』や『ドラゴン桜』の編集を担当した著者がコンテンツを生み出す方法や楽しさを解説した一冊。

“仮説”とは今まで見たこともない新しいもの。
どんな風にして仮説を立てればいいのか、そして仮説→現実へ落とし込むにはどうすればいいのか。
具体的な事例で書かれていて、そのエッセンスは簡潔です。

仕事じゃなくても、自分がどうすれば楽しめるのか。
趣味や遊びで「仮説」を立ててみるのもいいかもしれません。

続きを読む

折りたたむ

bytanakatronics  (BOOK☆WALKER スタッフ)

ぼくらの仮説が世界をつくる

佐渡島庸平ダイヤモンド社

バーチャルリアリティであの小説のような世界が体験できる!?

VRビジネスの衝撃 「仮想世界」が巨大マネーを生む

2016年は「VR(バーチャルリアリティ)元年」と言われているけど本当にそうなのか? 
VRのインパクトを感じられない人に読んでほしいのがこの本。
ゲームや映画だけじゃない、コミュニケーションやライフスタイルが変化するかもしれない。VRは社会を変えてしまう可能性を秘めているんです。

現実と仮想を行き来する世界。なんだかSF小説にありそうですが、それもそのはず『ゲーム・ウォーズ』や『スノウ・クラッシュ』、『ソードアート・オンライン』のファンがVR開発者として携わっているんです。小説に描かれた世界が本当になる日が近いかもしれません。

2016年3月に米オキュラス社がVRヘッドマウントゴーグル『オキュラスリフト』を発売。
10月にはソニーが『PlayStation VR』の発売を予定しています。
さらにGoogleやマイクロソフトを始め多くの企業が参入を表明、
日本のメーカー・技術者たちも独自のコンテンツ開発で世界から注目されています。

バーチャル世界はどのような居心地なのか、そしてどんな体験ができるのか。
もはや期待しかありません!

続きを読む

折りたたむ

bytanakatronics  (BOOK☆WALKER スタッフ)

自己啓発関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです