セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

映画電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

新着作品をもっと見る

映画のランキング

ランキング一覧へ

おすすめ作品

おすすめ作品一覧へ

絶対に隣人になって欲しくない

クリーピー

万が一こんな人が隣人だったらと思うと引っ越しが恐ろしくなる。

例えばこちらに騒音とか、何か問題があったなら仕方ない事だと思う。
けどこの場合は、何も悪い事をしていない、そこに住んでいただけ、ただ隣がこの人だった。
というだけ。

2016年6月18日に公開の映画ではその奇妙で恐ろしい隣人・西野を香川照之さんが演じられていますが、本当にピッタリです…。

「クリーピー」は「気味が悪い」という意味だそうですが、まさにその通り。
どきどきハラハラ、というよりはじわじわ恐怖と嫌悪感が増していきます。
個人的には閲覧注意、と言いたいです。

続きを読む

折りたたむ

byじゃんけん  (BOOK☆WALKER スタッフ)

「美人」だからと、許されるのは「男」にだけだよ。

白ゆき姫殺人事件

著者はプロットが秀逸といわれておりますが、むしろ殺人のプロセスよりも動機を描くのがうまいと思っております。
お話しは、殺された被害者(白ゆき姫)の知人等のインタビューを通して、真相を解いていくミステリー。よって本人がどういう人物かは語り部によって印象が変わる。ある人にとっては聖女だけど、ある人にとっては悪魔。そんな無責任な被害者像が、メディアやネットを通してどんどん膨らんでいく。ネットって怖いよねといろんな人が感想を書いていますが、むしろ女って怖いよね。とブルブルしちゃいました。あ、本の要所要所に挟みこんでいる、貴社のブログやみんなのツイッターや週刊誌の記事がより現実感を誘います。ヒーッ。

続きを読む

折りたたむ

byお花某  (BOOK☆WALKER スタッフ)

映画関連タグ

ページ先頭へ

本文の終わりです