セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ヘッダーの始まりです


メニューの始まりです


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ

ブックウォーカーオリジナル関連タグ

ブックウォーカーオリジナルの日間ランキング

ランキング一覧へ

輝け中年!バイクに憧れていたあの頃の想いが再び蘇る!

ダッ兎! 第3話

奥多摩への度胸旅行にいった真希だったが、道を間違えた挙句、バイクをこかしてしまい、山の中で遭難してしまう。一方、夫の帰りが遅いことを心配していた妻は、夫の部屋を探索しだし…!?

続きを読む

折りたたむ

ダッ兎! 第3話

山本修生ブックウォーカー

夏だ!海だ!合宿だ!

せいふく!にっ 第5話

さくらの力のお陰で、リゾートをまるまる貸しきっての夏合宿を楽しむ幸服部!しかしいつもの通り、はなと楓の仲は非常に険悪で周囲もうろたえるばかり。そんな中、あまりの仕打ちに遂にキレた楓は、はなに勝負をもちかけて…!?絶対に負けられない水着の戦いが今始まる!…ポロリもあるかも!?

続きを読む

折りたたむ

せいふく!にっ 第5話

あっつんブックウォーカー

「優駿の門」の巨匠が放つ競馬漫画新シリーズ!! 競走馬と競馬に関わる人々の絆を描いた感動のドラマ!!

新・優駿たちの蹄跡 ヒシミラクル~折鶴の恩誼~

菊花賞などGIを3勝することになる名馬・ヒシミラクルだが、入厩当初は変なクセが目立ち、誰にも期待されず、条件馬で終わる馬だと思われていた。GIを獲った後、故障して一年振りに栗東に戻って来たヒシミラクルは再起をかけるが、願いかなわず引退の時を迎える。

続きを読む

折りたたむ

「とにかく怯えながらもその迫力、そしてその圧倒的な強さに心のどこかで魅かれてもいた」(本文より)。なぜ人は鮫に魅かれるのか? 凶暴で残忍なイメージ、美しいフォルム、謎の多い生態系……。鷲崎健が語る愛すべきその世界に触れれば、読者の鮫に対する印象もきっと変わることだろう【想定読了時間20分】

成すも成さぬもないのだが 第三回 鮫について語ろう

「とにかく怯えながらもその迫力、そしてその圧倒的な強さに心のどこかで魅かれてもいた」(本文より)

なぜ人は鮫に魅かれるのか?
テレビではその知られざる生態系に迫る特集番組が流れ、鮫をモチーフとしたグッズやキャラクターを若い人が嬉しそうに身につけ、水族館に行けば老若男女多くの来場者が鮫の水槽の前で足を止める。

圧倒的な凶暴性。古代からほとんどその姿を変えていないという神秘性。巨大なジンベイザメ、不思議な深海鮫、異様な頭をもつシュモクザメ。多種多様なその世界に一度はまるとより深く鮫のことが知りたくなる。

鷲崎健が一人しゃべりのラジオのように言葉を紡ぐこのシリーズ。
第三回のテーマは「鮫」。

これまでラジオなどで幾度となく鮫への愛着を語ってきた鷲崎健。
いったい彼は鮫のどこにそんなにも魅かれたのか?
筆の向くまま鮫についての「想い」をつづり出す。

そこには、私たちが思い描くステレオタイプな鮫のイメージを覆す、神秘的でユーモラスで愛すべき鮫の世界があった。
鮫に興味がある人も、鮫なんて大嫌いという人にもぜひとも読んでいただきたい。

【目次】
・三つの魅力
・愛し合う魚
・一番好きな鮫はと問われれば

【想定読了時間20分】

続きを読む

折りたたむ

「優駿の門」の巨匠が放つ競馬漫画新シリーズ!! 競走馬と競馬に関わる人々の絆を描いた感動のドラマ!!

新・優駿たちの蹄跡 競走馬と厩務員

中央馬を迎え撃つ南関東のエース・フリオ―ソ、スプリンターズSを連覇した快速王・サクラバクシンオー、遅咲きのマイルチャンピオン・トロットサンダー、3頭の新旧名馬とそれぞれの厩務員の関係を描いた3エピソードをまとめて読めます。

続きを読む

折りたたむ

競走馬と競馬に関わる人々の絆を描いた感動のドラマ!!

新・優駿たちの蹄跡~飛翔編~

「優駿の門」シリーズなどでお馴染みの競馬漫画の第一人者やまさき拓味が放つ競馬漫画新シリーズがついに単行本化!! この年末、全4巻刊行。「飛翔編」にはドバイに散った名牝ホクトベガ、執念で93年最後の一冠をもぎ取ったビワハヤヒデ、最強世代を代表する「怪物」グラスワンダー、ディープインパクトを国内で唯一破ったハーツクライなどが登場。 収録馬……ホクトベガ、エイシンチャンプ、ビワハヤヒデ、グラスワンダー、ボンネビルレコード、グリーングラス、ジャングルスマイル、ハーツクライ

続きを読む

折りたたむ

新・優駿たちの蹄跡~飛翔編~

やまさき拓味ブックウォーカー

ページ先頭へ

本文の終わりです