ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • 72時間限定 一迅社全作品コイン50%還元キャンペーン
マンガ

マンガ ペストとコロナ 東京の女子高生が、ペストの世界に迷い込んだら

原案
カミュ
マンガ
陽藤凛吾
監修
長尾和宏

あらすじ・内容

ノーベル文学賞を受賞したアルベール・カミュの傑作小説
『ペスト』が生まれたのは、1947年のこと。
それなのになぜ、コロナ禍の現代は、これほどまでに、
『ペスト』の世界を彷彿とさせるのか? 
天災か? 人災か? 
〈ペスト〉と〈コロナ〉の不思議な「重なり」に、
今後、社会がどうなっていくのか、どう生きていけばいいのか、
大きなヒントが隠されている。


 絶望とは、闘うべき理由を知らずに、
 しかも、まさに闘わねばならないということだ
 ―――アルベール・カミュ
 本書は、アルベール・カミュの傑作小説『ペスト』の世界に、
 もしも、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下を生きる
 東京の女子高生がタイムスリップしたら……
 という設定から始まるオリジナル漫画作品である。

 新型コロナウイルスが蔓延しはじめた2020年春。
 渋谷で友達と待ち合わせをしていた女子高生・香は、
 カラスのような仮面をつけた「オランの使者」と名乗る不気味な男に、
 突然、1940年代のアルジェリア・オランという街に誘われた。
 オランの市民から信頼されている町医者・リウーは、ここ数日、
 やたらと血まみれのネズミの死骸を見かけることを不審に思っていた。
 それと同時に、今までに見たことがない症状で
 苦しみ亡くなる人が増えていく。
 やがてリウー医師は、それが何年も前に世界から消滅したはずの
 ペストであることを確信する。

 しかしリウーが「これはペストだ!感染症だ!」と訴えても、
 お偉いさんたちはそれを認めようとはしない。
 そうした中、あれよあれよと死者は増え続け混乱状態へと陥り、
 ようやく街はペストの流行を認めた。

 しかしその時にはもう、市民の間では差別や分断が溢れかえり、
 個人の自由は奪われ、全体主義が蔓延っていく。
 あっという間に変わり果てた世界――
 すべてを目撃した香は、行動し続けるリウーの姿を見て何を思うのか? 

本書の監修は、
新刊『ひとりも、死なせへん
   ――コロナ禍と闘う尼崎の町医者、551日の壮絶日記』が
話題の著者・長尾和宏医師。
この物語を教訓に、withコロナ時代を我々がどう生きていけばいいのかを、
医療的・社会的の両面から考えていく。

電子書籍
価格

1,650(税込)

1,500円 (+消費税150円)

付与コイン
15(*詳細)

作品情報

シリーズ
マンガ ペストとコロナ 東京の女子高生が、ペストの世界に迷い込んだら(ブックマン社)
著者
レーベル
――
出版社
ブックマン社
カテゴリ
マンガ
ページ概数
211
配信開始日
2021/11/26
底本発行日
2021/9/28
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「マンガ ペストとコロナ 東京の女子高生が、ペストの世界に迷い込んだら(ブックマン社)」シリーズ作品一覧(全1冊)

1,650(税込)

  • マンガ マンガ ペストとコロナ 東京の女子高生が、ペストの世界に迷い込んだら

    ノーベル文学賞を受賞したアルベール・カミュの傑作小説
    『ペスト』が生まれたのは、1947年のこと。
    それなのになぜ、コロナ禍の現代は、これほどまでに、
    『ペスト』の世界を彷彿とさせるのか? 
    天災か? 人災か? 
    〈ペスト〉と〈コロナ〉の不思議な「重なり」に、
    今後、社会がどうなっていくのか、どう生きていけばいいのか、
    大きなヒントが隠されている。


     絶望とは、闘うべき理由を知らずに、
     しかも、まさに闘わねばならないということだ
     ―――アルベール・カミュ
     本書は、アルベール・カミュの傑作小説『ペスト』の世界に、
     もしも、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下を生きる
     東京の女子高生がタイムスリップしたら……
     という設定から始まるオリジナル漫画作品である。

     新型コロナウイルスが蔓延しはじめた2020年春。
     渋谷で友達と待ち合わせをしていた女子高生・香は、
     カラスのような仮面をつけた「オランの使者」と名乗る不気味な男に、
     突然、1940年代のアルジェリア・オランという街に誘われた。
     オランの市民から信頼されている町医者・リウーは、ここ数日、
     やたらと血まみれのネズミの死骸を見かけることを不審に思っていた。
     それと同時に、今までに見たことがない症状で
     苦しみ亡くなる人が増えていく。
     やがてリウー医師は、それが何年も前に世界から消滅したはずの
     ペストであることを確信する。

     しかしリウーが「これはペストだ!感染症だ!」と訴えても、
     お偉いさんたちはそれを認めようとはしない。
     そうした中、あれよあれよと死者は増え続け混乱状態へと陥り、
     ようやく街はペストの流行を認めた。

     しかしその時にはもう、市民の間では差別や分断が溢れかえり、
     個人の自由は奪われ、全体主義が蔓延っていく。
     あっという間に変わり果てた世界――
     すべてを目撃した香は、行動し続けるリウーの姿を見て何を思うのか? 

    本書の監修は、
    新刊『ひとりも、死なせへん
       ――コロナ禍と闘う尼崎の町医者、551日の壮絶日記』が
    話題の著者・長尾和宏医師。
    この物語を教訓に、withコロナ時代を我々がどう生きていけばいいのかを、
    医療的・社会的の両面から考えていく。

    価格

    1,650(税込)

    1,500円 (+消費税150円)

おすすめ特集

付与コインの内訳

15コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「マンガ ペストとコロナ 東京の女子高生が、ペストの世界に迷い込んだら」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報