ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す

はじめてのお客さまへ
電子書籍

日本の特別地域 特別編集32 これでいいのか 東京都 八王子市&多摩ニュータウン

価格
762円 762 (+税)
獲得コイン
今なら 227 コイン 2017/11/25 09:59まで

獲得コイン227コインの内訳

通常購入分
7コイン
コインUPキャンペーン分
+220コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容

実は多摩圏民は相容れない関係なのだ!?

東京都の西部にドーンと控える大都市・八王子。
多摩地域の中心都市にして人口約58万人。
だがそんなに人がいても、ハコ(市の面積)自体が巨大だから
人口密度は高くなく、豊かな自然に恵まれていることもあり、
どことなくゆったりとした雰囲気を醸し出している。
市街地を少し離れると、
「えっ、ここどこの田舎?」と思わず口ずさんでしまうぐらいの“スカスカ感”で、
その見てくれは東京の都市というより地方の巨大都市といった風情である。
そんな八王子は歴史のある街だ。
江戸時代には甲州街道最大の宿場町として繁栄し、商都として発展してきた。
こうした歴史のある街は、得てして古くから住んでいる
“旧住民”の存在感が強い。旧住民(特に高齢者)たちは、
この街を自分たちが作ってきたという意識があるためプライドが非常に高いのだ。
そうした閉鎖的な旧型社会に飛び込んできたのが“新住民”たちである。
1960年代以降、多摩ニュータウンを筆頭に大規模な宅地開発が行われ、
八王子と縁もゆかりもなかった人々が大量に当地に流入してきた。
近年も新たなニュータウンの開発が行われており、
八王子とその周辺は新たな住民を飲み込み続けている。
だが、こうした新たな人の流入が、大なり小なり摩擦を生んでいるのもまた事実だ。
そこで本書では、八王子の旧住民と新住民、
それに加えて学都として発展したことで増えた“学生(大学生)”の3者を
テーマの中心に据えて取材や調査を敢行。
現在の八王子市の実態を浮き彫りにすると共に、
新住民の巣窟たる多摩ニュータウン全域まで調査エリアを広げて、
その実状と問題点を探っていった。
ぜひ最後までお付き合い願いたい。

(C)岡島慎二 鈴木ユータ/株式会社マイクロマガジン社

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「日本の特別地域 特別編集32 これでいいのか 東京都 八王子市&多摩ニュータウン」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
148

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2014/4/18
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「日本の特別地域 特別編集32 これでいいのか 東京都 八王子市&多摩ニュータウン」を見ている人にこれもおすすめ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面