ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

マンガ

あちきとぬし 花魁ふたりぼっち(1)

あらすじ・内容

男と女の欲望と愛憎渦巻く色地獄、吉原遊廓。ここに、貧農出の知里と没落した武家の娘、香華が売られてきた。口減らしのため兄弟を間引きしなければならないほどの極貧を経験した知里であったが、持ち前の明るさで多くの客を得る。対して香華は元武家のお姫様というプライドが邪魔をし、客の評判もいまいちであった。ある日、香華の過去を知る不良武士が廓に来たことにより二人の運命が動き出す……。吉原遊女の悲哀を描いた新連載スタート!

電子書籍 完結
価格

132(税込)

120円 (+消費税12円)

付与コイン
1(*詳細)

作品情報

シリーズ
あちきとぬし 花魁ふたりぼっち(ワケあり女子白書)
著者
レーベル
ワケあり女子白書
出版社
小学館
カテゴリ
マンガ
ページ概数
33
配信開始日
2020/6/26
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

マンガ あちきとぬし 花魁ふたりぼっち(4)

著: 井出智香恵

愛憎、情欲うずまく吉原遊廓。この場所は苦界とも称されるように、多くの痛みや悲しみも抱えている。殺された遊女、知里の妹おりょうは、ある日相手をした武士にそれまでの客とは違う感情を抱き本気で惚れてしまう。しかしその武士は知里を殺した不良武士、萩野淋太郎の弟であった。茂太郎はおりょうと香花を吉原の外へおびき出すために近づいたのだが、彼もまたおりょうを好きになる。やがて二人は遊女と武士という立場を捨ててまでも夫婦になりたいと願う。香花は知里への恩返しのため、おりょうの借金を肩代わりし逃亡を手助けするが…。遊女の悲哀を描いた人気シリーズ、衝撃の最終話!

価格

132(税込)

120円 (+消費税12円)

「あちきとぬし 花魁ふたりぼっち(ワケあり女子白書)」シリーズ作品一覧(全4冊)

132(税込)

  • マンガ あちきとぬし 花魁ふたりぼっち(1)

    男と女の欲望と愛憎渦巻く色地獄、吉原遊廓。ここに、貧農出の知里と没落した武家の娘、香華が売られてきた。口減らしのため兄弟を間引きしなければならないほどの極貧を経験した知里であったが、持ち前の明るさで多くの客を得る。対して香華は元武家のお姫様というプライドが邪魔をし、客の評判もいまいちであった。ある日、香華の過去を知る不良武士が廓に来たことにより二人の運命が動き出す……。吉原遊女の悲哀を描いた新連載スタート!

    価格

    132(税込)

    120円 (+消費税12円)

  • マンガ あちきとぬし 花魁ふたりぼっち(2)

    男と女の欲望渦巻く吉原遊郭、この色地獄に今日も男たちが遊女を買いにやってくる。みやび屋いちの遊女、知里と武家出身の香葉は、価値観の違いから互いに分かりあえずにいた。ある日、香葉の父母を殺め家を滅ぼした外道武士、萩野淋太郎がみやび屋にやって来る。客とはいえ親の仇になぶられ凌辱される香葉は怯える日々を過ごすこととなるが、それを知った知里は萩野を階段から突き落とし殺してしまう。なぜ知里はそんな大胆な行動に出たのだろうか? そこには遊女にとってタブーとされる出来事が……。苦界に生きる遊女たちを描いた人気シリーズ、必見の第2話!

    価格

    132(税込)

    120円 (+消費税12円)

  • マンガ あちきとぬし 花魁ふたりぼっち(3)

    男と女の愛憎が交差する場所、吉原遊郭。だが、きらびやかな世界の裏側では、皆さまざまな苦悩を抱えている。お腹に新しい命を宿した遊女、知里は、子を産むため同僚、香花の親仇である萩野淋太郎に手をかけ殺してしまう。互いを理解し二人に友情が芽生えた矢先、殺された淋太郎の弟、彦佐郎によって知里は斬り殺される。お腹の子はなんとか無事に良家に貰われていったが、香花の憎しみと自責の念は募るばかり。そんなある日、知里の妹、おりょうが遊女見習いとして現れ……。遊女の悲哀を描いた人気シリーズ、注目の第3話!

    価格

    132(税込)

    120円 (+消費税12円)

  • マンガ あちきとぬし 花魁ふたりぼっち(4)

    愛憎、情欲うずまく吉原遊廓。この場所は苦界とも称されるように、多くの痛みや悲しみも抱えている。殺された遊女、知里の妹おりょうは、ある日相手をした武士にそれまでの客とは違う感情を抱き本気で惚れてしまう。しかしその武士は知里を殺した不良武士、萩野淋太郎の弟であった。茂太郎はおりょうと香花を吉原の外へおびき出すために近づいたのだが、彼もまたおりょうを好きになる。やがて二人は遊女と武士という立場を捨ててまでも夫婦になりたいと願う。香花は知里への恩返しのため、おりょうの借金を肩代わりし逃亡を手助けするが…。遊女の悲哀を描いた人気シリーズ、衝撃の最終話!

    価格

    132(税込)

    120円 (+消費税12円)

付与コインの内訳

1コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「あちきとぬし 花魁ふたりぼっち(1)」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報