ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

マンガ

ぷりっつさんち(1)

あらすじ・内容

フー、スー、チーの3姉妹が繰り広げるはちゃめちゃな言動と鋭い母のツッコミが巻き起こす爆笑の嵐に、世代を超えた多くのファンを獲得した「うちの3姉妹」に続く新シリーズ。2011年3月新たに開設したブログ「おっぺけですけどいいでそべつに。」をベースに、大幅に加筆。両家の両親と合同で函館旅行した珍道中など、本書でしか読めない書き下ろしが大増量。さて、気になるあの3姉妹ですが、すっかり成長し髪型も変わりましたがおっぺけぶりは相変わらずで、父や母をあきれさせています。さらにこの新シリーズから個性的な3匹の猫とトイプードルが登場。これが、3姉妹に負けず劣らずかわいくておかしい。

電子書籍
価格

1,045(税込)

950円 (+消費税95円)

付与コイン
9(*詳細)

作品情報

シリーズ
ぷりっつさんち
著者
レーベル
ぷりっつさんち
出版社
主婦の友社
カテゴリ
マンガ
ページ概数
132
配信開始日
2015/12/22
底本発行日
2012/4
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

マンガ ぷりっつさんち(6)

著者: 松本ぷりっつ

【電子版のご注意事項】
※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。
※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。
※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。

●29年ぶりに復活する「東映まんがまつり」が4月26日に公開、
そのなかに「うちの3姉妹」が新作劇場アニメとして大スクリーンに登場。
「これも長く応援してくださるファンのおかげです」と著者松本ぷりっつさんも感激。

●そんなファンの方々から
「ぷりっつさんちの6巻はいつでるの?」
「早く次を読みたい!」という声をたくさんいただき、
おまたせしました最新刊!

高校では陸上部でいつもおなかをすかせていた長女フーは美大生に。
吹奏楽部で毎日が楽しくて仕方がないと言っていた次女スーは高校生に。
小学校高学年になって勉強に目覚めたチーは見事希望の中学に合格。

すっかりお年頃になった3姉妹ですが、
あいかわらすとんちんかんな勘違いや
おかしな言葉をつくりだすなどおっぺけぶりは健在。

おーちゃん、あーちゃん、じいじ、ばあばなど、
愛すべきキャラクターたちも元気に登場!

★かきおろしもたっぷり!!

松本ぷりっつ(まつもとぷりっつ):
幼いころから絵をかくことが大好きで独学でマンガをかきはじめる。
高校時代にマンガ雑誌に投稿し奨励賞を受けるなど早くから才能の片鱗を見せる。
短大卒業後幼稚園教諭となる。
翌年「ザ・マーガレット」でマンガ家レビュー。
その後結婚を機に退職、子育てしつつマンガ家活動をつづける。
2005年に解説したブログ「うちの3姉妹」が大人気となり、
2006年初の単行本「うちの3姉妹」を刊行、たちまちベストセラーに。
2008年4月からはTVアニメも放送されてファン層が拡大する。
「うちの3姉妹」のブログ終了後、新しくはじめたブログ「おっぺけですけど いいでそべつに」も評判になる。
本書は同ブログをもとに大幅にかきおろしを加えたもの。
多くの雑誌やWEBマガジンに連載をもち、著書多数。
2019年には東映まんがまつりで新作アニメも劇場公開になり、うちの3姉妹ブーム再燃が注目されている。

価格

1,045(税込)

950円 (+消費税95円)

「ぷりっつさんち」シリーズ作品一覧(全6冊)

1,045(税込)

  • マンガ ぷりっつさんち(1)

    フー、スー、チーの3姉妹が繰り広げるはちゃめちゃな言動と鋭い母のツッコミが巻き起こす爆笑の嵐に、世代を超えた多くのファンを獲得した「うちの3姉妹」に続く新シリーズ。2011年3月新たに開設したブログ「おっぺけですけどいいでそべつに。」をベースに、大幅に加筆。両家の両親と合同で函館旅行した珍道中など、本書でしか読めない書き下ろしが大増量。さて、気になるあの3姉妹ですが、すっかり成長し髪型も変わりましたがおっぺけぶりは相変わらずで、父や母をあきれさせています。さらにこの新シリーズから個性的な3匹の猫とトイプードルが登場。これが、3姉妹に負けず劣らずかわいくておかしい。

    価格

    1,045(税込)

    950円 (+消費税95円)

  • マンガ ぷりっつさんち(2)

    ベストセラー「うちの3姉妹」に続く新シリーズ待望の第3巻。ぷりっつ家のおっぺけ隊長フーが中学生に。次女スー、三女チーもそれぞれ小4、小2に。3人のおっぺけぶりはあいかわらずで、思わず吹き出してしまいます。そんな3人に加え、いまや重要なキャラクターとなったトイプードルのミスター・キューティーパトゥーティがますますかわいくなって、ファンも急増中。そうそう、ひさびさにだいちゃんファミリーも遊びに来てくれました。本書は著者の公式ブログを書籍化したものですが、ブログでは読めない書き下ろしもたっぷり。笑って、ときにはほろっとして、読んだあとに幸せな気持ちになれる一冊です!

    価格

    1,045(税込)

    950円 (+消費税95円)

  • マンガ ぷりっつさんち(3)

    ベストセラー「うちの3姉妹」に続く新シリーズ待望の第3巻。ぷりっつさんちのおっぺけ3姉妹もそれぞれ中2、小5、小3となりましたが、おかしなごっこあそびや、へんてこりんな勘違いで大いに笑わせてくれます。ある日、家庭科クラブに入っている長女・フーがカレーを作ることに。そばで見ていた母が隠し味にハーブを入れようとすると「そんなの入れないでよ」と激しく嫌がる。次女のスーは母が色紙にサインするのを見て「何様! 」とおかしなことを言い出す。成長著しい三女のチーは最近ちょっと反抗的。長女とケンカになると「何言ってんだしー! 」と負けていない。また3巻ではブログでは読めないお楽しみ企画も用意しました。

    価格

    1,045(税込)

    950円 (+消費税95円)

  • マンガ ぷりっつさんち(4)

    ぷりっつさんちの個性的な3姉妹もそれぞれ中3、小6、小4と成長しました。長女フーは高校受験を控えてもあせる様子もなく最後の中学生生活を楽しんでいますが、英語で豚肉のことをピッグと言ったりして母を心配させます。しっかり者の次女スーは奇妙なくじ引きを考え出して母を悩ませたり、相変わらずのマイペース。甘えん坊だった三女チーも4年生になってしっかりしてきましたがまだまだ幼い。「トントントン」の記事ではまるでコントのようなオチを見せてくれます。さて、このシリーズでは毎号ブログでは読めない書き下ろしが大増量。今回は、お正月に家族でいった温泉旅行記、その珍道中ぶりが目に浮かぶようです。

    価格

    1,045(税込)

    950円 (+消費税95円)

  • マンガ ぷりっつさんち(5)

    「いつのまにかこんなに大きくなって・・・」読むたびにそんな思いにさせられる「うちの3姉妹」から続く本シリーズ。少しずつ大人になっていく娘たちとの日々のやりとり。かつてはおっぺけペな3姉妹がボケ役で母がツッコミと決まっていましたが、このごろはそれが逆転する事も。長女フーは無事高校に入学しなんと陸上部に。昔、「すっとろい」走りかたをしていたフーのその決断を聞いて、じいじや、ママ友たちもビックリ。次女スーは中学生になり吹奏楽部に。そのスーが、福山雅治の結婚にショックを受けた母に向かって「えー!あの人、イケメン?」とお年頃発言。「思い出せないことがあったらチーに聞け」というほど記憶力のいい三女チーは小学6年生。相変わらず不思議なごっこ遊びに姉たちを巻き込んでいます。この5巻から始まった愛犬トイプードルの「ワルいぬ」シリーズもキュート。ブログでは読めないかきおろしも大増量しました。

    価格

    1,045(税込)

    950円 (+消費税95円)

  • 1
  • 2

おすすめ特集

付与コインの内訳

9コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「ぷりっつさんち(1)」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報