ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

『ジューコフ回顧録』完全版が明かす 独ソ開戦の真実

著者
守屋 純

あらすじ・内容

ソ連政府に検閲削除されていた新資料をもとに、独ソが開戦に至るまでの経緯と真相に迫る1冊。

■すべてはスターリンから始まった

ソ連政府に検閲削除されていた新資料をもとに、独ソが開戦に至るまでの経緯と真相に迫る1冊。

ドイツとソ連は独ソ不可侵条約を結び、ポーランドへ一緒に攻め込むなど蜜月関係にあった。
しかし1941年6月22日、突如ドイツ軍はバルバロッサ作戦を発動しソ連領に侵入。奇襲を受ける形となったソ連軍は壊滅的な被害を受けた。

ここで2つの大きな疑問が持ち上がってくる。

・なぜ、ヒトラーはソ連を攻めることを決断したのか?
・ドイツが300万人もの大兵力を国境に集めていたのに、なぜスターリンは戦争準備を怠ったのか?

真珠湾攻撃でも囁かれる陰謀説のように、わざとドイツ軍に攻めさせたとでもいうのだろうか?

独ソ不可侵条約や、日独伊三国同盟、東ヨーロッパ諸国の問題などが複雑に絡み合うが、結局は、スターリンの判断からすべてが起きていた。

ソ連崩壊ととも次第に明らかになってきたジューコフやモロトフの回顧録など膨大な新資料をもとに、
第二次世界大戦の勃発から独ソ戦直後まで、スターリンとソ連側の行動を逐一追うことで、現実に何が起こったのか、そして何がなされなかったのかを検証する。

■目次
第一章 独ソ不可侵条約とソ連の参戦
第二章 対フィンランド戦争の結果
第三章 赤軍再建への険しい道のり
第四章 並立する諜報機関
第五章 対独関係悪化
第六章 混乱する戦略計画
第七章 錯綜するドイツ情報
第八章 ソ連の採るべき道は?
第九章 開戦直前の心理戦
第十章 開戦後のスターリン
終章 総括

■著者略歴
守屋 純(もりや・じゅん)
1948年生まれ。早稲田大学卒。現在、中部大学非常勤講師。専攻は国際関係史・軍事史。著書に『ヒトラーと独ソ戦争』(白帝社)、『独ソ戦争はこうして始まった』(中央公論新社)、訳書に『ドイツ参謀本部興亡史』『詳解 独ソ戦全史』『ヒトラーが勝利する世界』(学研)、『総統は開戦理由を必要としている』(白水社)など多数。

電子書籍 最新刊
価格

980(税込)

891円 (+消費税89円)

付与コイン
8(*詳細)

作品情報

シリーズ
WW2セレクト
著者
レーベル
Panda Publishing
出版社
Panda Publishing
カテゴリ
実用
ページ概数
307
配信開始日
2017/11/24
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「WW2セレクト」シリーズ作品一覧(全7冊)

780円〜1,304(税込)

  • 実用 ロジスティクスから見た「失敗の本質」

    19世紀の軍隊は金で雇われた傭兵だったので最も恐れられたのは兵士の脱走だった。そのため食糧や衣服の支給に事欠いてはならず、その必要からロジスティクスは生まれた。

    本書では、数々の近代戦争を紐解き、どのようにロジスティクスは生まれたか、フランス(イギリス、アメリカ)式ロジスティクスとドイツ(ロシア・日本)式のロジスティクスの違いとは何かについて解説する。

    アメリカが南北戦争や米西戦争でどのような失敗を犯し、それを機にロジスティクスの役割がどのように変貌していったかを分析。同時に日本軍はなぜ、日清戦争で戦死者の11倍もの病死者を出しながらも、太平洋戦争でガダルカナルやインパールで同じような失敗をしてしまったかをついても検証していく。

    名著『失敗の本質』をはじめ、これまで戦術論や人物・組織論からの敗戦を分析した本は多数あったが、本書はロジスティクス(兵站)の視点から太平洋戦争を再検証する。

    ■著者略歴
    谷光 太郎(たにみつ・たろう)
    1941年香川県に生まれる。1963年東北大学法学部卒業、三菱電機株式会社入社。1994年同社退社、山口大学経済学部教授。2004年、大阪成蹊大学現代経営情報学部教授。2011年同校退職。著書に、『海軍戦略家キングと太平洋戦争』『海軍戦略家 マハン』(共に中央公論新社)、『敗北の理由』(ダイヤモンド社)、『青色発光ダイオードは誰のものか』(日刊工業新聞社)、『米軍提督と太平洋戦争――世界最強海軍のルーツ』(学研パブリッシング)、訳書に『統合軍参謀マニュアル』(白桃書房)など多数。

    ■目次
    第一章 ロジスティクスとは
    第二章 グランドストラテジーからみたロジスティクス問題
    第三章 グランドストラテジーから見たロジスティクス問題
    第四章 陸空海のロジスティクス
    第五章 ロジスティクスへの取り組み日米比較
    第六章 総力戦とロジスティクス

    価格

    998(税込)

    907円 (+消費税91円)

  • 実用 日本陸海軍はなぜロジスティクスを軽視したのか

    ■第一章 異質機能の統合
    ロジスティクスが上手く機能しなかった要因の一つに、陸海軍の縦割りで、協力し合えなかった点が挙げられる。
    ただ、陸海軍の仲が悪いことはアメリカ軍も同様で、珍しいことではなかった。
    アメリカ軍の統合参謀本部のような陸海軍を統括する組織は、日本のほうがアメリカより先につくられていたのに、なぜ機能させることができなかったのか。アメリカとの比較から再考する。

    ■第二章 新しい概念の創造
    シベリア鉄道の運行状況で何ヶ月後にロシア・ソ連軍が侵攻してくるかがわかるものだという。
    近現代は、馬・馬車から鉄道や蒸気船、自動車、飛行機へと輸送手段が変わった時代だったが、それらの新方式によって、兵站はどのように変わったか。
    また、各国はそれぞれにどのように対応したかを見ていく。

    ■第三章 戦略の正誤
    太平洋戦争(第二次世界大戦)は戦闘機や空母機動部隊の戦いだったといわれるが、じつは潜水艦の戦いこそが勝負をわけている。
    ロジスティクスの視点から、ドイツ軍も含めて、日本陸海軍がどう戦略を間違えたか、なぜ間違えざるを得なかったのかを検証する。

    ■第四章 ロジスティクス事例研究
    果して陸海軍はロジスティクスを軽視していたのか?
    ノモンハン事件からサイパン戦、ソ連の満州侵攻戦などの戦史をもとに戦闘ごとに再検証していく。

    ■著者略歴
    谷光 太郎(たにみつ・たろう)
    1941年香川県に生まれる。1963年東北大学法学部卒業、三菱電機株式会社入社。1994年同社退社、山口大学経済学部教授。2004年、大阪成蹊大学現代経営情報学部教授。2011年同校退職。著書に、『海軍戦略家キングと太平洋戦争』『海軍戦略家 マハン』(共に中央公論新社)、『敗北の理由』(ダイヤモンド社)、『青色発光ダイオードは誰のものか』(日刊工業新聞社)、『米軍提督と太平洋戦争―世界最強海軍のルーツ』(学研パブリッシング)、訳書に『統合軍参謀マニュアル』(白桃書房)など多数。

    価格

    897(税込)

    815円 (+消費税82円)

  • 実用 原爆は京都に落ちるはずだった

    米国はなぜ、どのように日本に原爆を投下したのか。
    そこに、正義はあったのか?

    戦後の俗説を解明することで、原爆投下プロジェクトの舞台裏を暴く1冊。

    ■京都は原爆投下第一目標だった!?
    人口の多い京都が空襲されなかったのは、文化財がたくさんある古都だからと習った人はいないでしょうか。
    また、米国人のウォーナー博士が京都の素晴らしさを訴えたために、空襲が回避されたという番組がNHKで放送されています。

    しかし、これは真実ではありません。
    京都が空襲を受けなかった理由は、原爆投下の第一目標だったためです。

    ・人口が100万人以上で、かつ密集している
    ・盆地で爆風の威力を発揮しやすい
    という理由から、京都は原爆の威力を測定するのに最適な都市と考えられたため、通常の爆撃を控えられていたのです。

    本書では、
    ・京都はなぜ原爆投下目標に選ばれたのか
    ・「文化財保護説」や「ウォーナー伝説」は誰が何のために伝説を創作したのか
    を膨大な資料から解明し、戦後、“米国が仕掛けたプロパガンダ(虚構)を覆します”。

    ■目次
    第1章 ウォーナー博士は古都を救った恩人か?
    第2章 京都に原爆を投下せよ!
    第3章 京都の運命
    終章 『ウォーナー伝説』を創出したのはだれか?

    ■著者略歴
    吉田守男(よしだ・もりお)
    1946年京都生まれ。71年京都大学文学部(国史学専攻)卒業。78年京都大学大学院文学研究科博士課程を単位取得満期退学。87年樟蔭女子短期大学講師、助教授を経て、94年より教授。2001年より大阪樟蔭女子大学教授。

    価格

    780(税込)

    709円 (+消費税71円)

  • 実用 洪思翊中将の処刑

    ■日本・朝鮮・米国の歴史に翻弄されつつも、武人らしく生きた朝鮮人・帝国陸軍中将の記録。

    洪思翊は、大韓帝国最後の皇帝に選抜されて日本の陸軍中央幼年学校に入学、(朝鮮王家以外では)朝鮮人として最高位の中将にまで出世した人物である。
    しかし終戦直後から始まったフィリピン軍事裁判で、フィリピンの捕虜の扱いの責任を一方的に問われ、死刑に処せられた。

    太平洋戦争に従軍した山本七平が、
    ・洪思翊中将が、アメリカをはじめとする連合国の軍事裁判の横暴さに対して、なぜ弁明もせず絞首台に上ったのか。
    ・そもそも生活に困っていたわけでもない朝鮮人エリートが、なぜ日本軍に入ったのか。
    「忠誠」とは何か。
    について問うノンフィクション。

    ■「あとがき」からの抜粋
    だが、彼ら(アメリカ)にとってはこれが「事実」で、判決は同時にこの事実の確定なのである。ではこの「語られた事実」は果して「事実」なのか。ミー弁護人のいう「時の法廷」が裁くのはこの点で、裁かれているのはアメリカであろう。そしてこの「時」を体現していたかの如く無言で立つのが洪中将である。こういう視点で読むと、四十年前に行われたこの裁判はきわめて今日的であることに気づく。

    【著者略歴】
    山本七平(やまもと・しちへい)
    評論家。ベストセラー『日本人とユダヤ人』を始め、「日本人論」に関して大きな影響を読書界に与えている。1921年生まれ。1942年青山学院高商部卒。砲兵少尉としてマニラで戦い補虜となる。戦後、山本書店を設立し、聖書、ユダヤ系の翻訳出版に携わる。1970年『日本人とユダヤ人』が300万部のベストセラーに。日本文化と社会を批判的に分析していく独自の論考は「山本学」と称され、日本文化論の基本文献としていまなお広く読まれている。1991年没(69歳)。

    価格

    998(税込)

    907円 (+消費税91円)

  • 実用 米軍提督と太平洋戦争

    ■太平洋戦争を戦った、米海軍の主要なリーダーを紹介する1冊。

    嫌われ者の天才――キング
    処世術に長けた調整型――ニミッツ
    平凡とされながら実戦で結果を残した――スプルーアンス
    知られざる名将――ミッチャー
    期待はずれとされた有望株――フレッチャー

    “本当の太平洋戦争”を理解するためには、日本軍だけではなく、米海軍と米海軍の主要リーダーたちを知る必要がある。

    リーダーたちの経歴・戦歴から、知られざる人物像、エピソード、軍内部での人間関係までを詳しく取り上げる。

    ■実は混沌としていた米海軍

    一見、余裕があったように思われることもある米海軍だが、内情は苦しく混沌としていた。
    また軍内部での人間関係も複雑怪奇で、軋轢も多かったことがわかる。

    日本海軍と同じく、海戦の主力が戦艦から航空艦隊に移り変わる時代で、その綱引きも軍内部を複雑にしていた。

    本書では、人事から見た航空艦隊の成長の歴史や、同じく急成長を遂げた海兵隊や、潜水艦部隊、インテリジェンス機関のリーダー、そして参謀職の人物も取り上げる。

    ■目次
    第1章 大統領と海軍長官
    第2章 ワシントンとハワイの最高司令部指揮官
    第3章 大戦初期前線指揮官
    第4章 大戦後期前線指揮官
    第5章 航空艦隊の指揮官
    第6章 潜水艦の指揮官
    第7章 海軍主要参謀
    第8章 海兵隊指揮官

    ■著者略歴
    谷光 太郎(たにみつ・たろう)
    1941年香川県に生まれる。1963年東北大学法学部卒業、三菱電機株式会社入社。1994年同社退社、山口大学経済学部教授。2004年、大阪成蹊大学現代経営情報学部教授。2011年同校退職。
    著書に、『海軍戦略家キングと太平洋戦争』『海軍戦略家 マハン』(共に中央公論新社)、『敗北の理由』(ダイヤモンド社)、『青色発光ダイオードは誰のものか』(日刊工業新聞社)、『ロジスティクスから見た「失敗の本質」』『日本陸海軍はなぜロジスティクスを軽視したのか』(小社)、訳書に『統合軍参謀マニュアル』(白桃書房)など多数。

    価格

    1,304(税込)

    1,185円 (+消費税119円)

  • 1
  • 2

おすすめ特集

付与コインの内訳

8コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「『ジューコフ回顧録』完全版が明かす 独ソ開戦の真実」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報