ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

マンガ

大原さんちのムスコたち お父さんは神経症

あらすじ・内容

大原家に第二子が誕生。その子は、神経質で慎重な長男とはまったく違う、大らかだけど無鉄砲な性格だった。そんな二人の子どもと相変わらずのダンナさんも加わって、大原家の日常はいつも大騒ぎ。 人気のコミックエッセイ、大原さんちシリーズ、最終巻!

電子書籍 SALE
価格

5/26 (木) 23:59まで

321(税込)

292円 (+消費税29円)

459円 (税込)

付与コイン
2(*詳細)

作品情報

シリーズ
大原さんち(文春e-Books)
著者
レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
カテゴリ
マンガ
ページ概数
154
配信開始日
2016/1/29
底本発行日
2007/5/10
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

マンガ 【増補版】息子がいじめの加害者に? 大原さんちの大ピンチ

著: 大原由軌子

ある日急に、自分の子どもがいじめの加害者だと言われたら、あなたはどうしますか?
いじめ騒動の当事者となった一家のサバイバルを描く実話マンガ!
★息子がいじめ被害者だった前日譚をはじめ、数々のエピソードを追加した増ページ完全版です★

東日本大震災をきっかけに、故郷の佐世保に一家で移り住んだマンガ家の大原由軌子さん。仕事も軌道に乗り、息子たちも地元の暮らしに溶け込み、ようやく落ち着きを取り戻した矢先、長男がいじめの加害者だと告発されます。
被害者の児童の親に謝罪はしたものの、教師からは精神異常者扱いされたり、全校児童の前で吊るし上げにあったりと、一家は四面楚歌に。パニック状態の由軌子さんですが、元編集者のダンナさんがいろいろと調べたところ、相手の親にも不審な点が出てきて……。

「参考になった」「共感できない」。ネット上で賛否両論、大論争を巻き起こした話題の電子書籍を単行本化。

SALE5/26 (木) 23:59まで

価格

560(税込)

509円 (+消費税51円)

801円 (税込)

「大原さんち(文春e-Books)」シリーズ作品一覧(全5冊)

321円〜560(税込)

  • マンガ このごろ少し神経症 大原さんちのダンナさん

    干物女のユキコは、家事全般に長け子ども好きな良き夫とスピード結婚。ただし、ダンナさんは神経症だった……。ポテチを箸で食べる、鍵をかけたか何度も確認、外出時には帽子&マスク着用、多種多様な薬を常用……。そんなダンナさんとの出会いから第一子誕生までを爆笑のコミックエッセイに! 心のカゼは、夫婦で明るく乗り切ろう!

    SALE5/26 (木) 23:59まで

    価格

    321(税込)

    292円 (+消費税29円)

    459円 (税込)

  • マンガ 子どもが天使なんて誰が言った!? 大原さんちのムスコさん

    大原家待望の第一子は、神経症のダンナさんに瓜二つの、神経質でしつこくて不眠なムスコ! 積極的に育児に参加するダンナさんだが、妙な作戦ばかり立て、ユキコはもう大慌て。ムスコはムスコで何でもかんでも「イヤ!」と叫び、ちょっとごみが落ちているだけで癇癪を起こす。ダンナに加え息子にまで振り回されるユキコの受難の日々を描いた人気コミックエッセイ第二弾!

    SALE5/26 (木) 23:59まで

    価格

    321(税込)

    292円 (+消費税29円)

    459円 (税込)

  • マンガ 大原さんちのムスコたち お父さんは神経症

    大原家に第二子が誕生。その子は、神経質で慎重な長男とはまったく違う、大らかだけど無鉄砲な性格だった。そんな二人の子どもと相変わらずのダンナさんも加わって、大原家の日常はいつも大騒ぎ。 人気のコミックエッセイ、大原さんちシリーズ、最終巻!

    SALE5/26 (木) 23:59まで

    価格

    321(税込)

    292円 (+消費税29円)

    459円 (税込)

  • マンガ 息子がいじめの加害者に? 大原さんちの大ピンチ

    ある日急に、自分の子どもがいじめの加害者だと言われたら、あなたはどうしますか?
    降って湧いた“いじめ騒動”に巻き込まれた一家のサバイバルを描く実話マンガ!

    東日本大震災をきっかけに、故郷の佐世保に一家で移り住んだマンガ家の大原由軌子さん。
    仕事も軌道に乗り、息子たちも地元の暮らしに溶け込み、ようやく落ち着きを取り戻した矢先に、長男がいじめの加害者だと告発されます。
    パニック状態の由軌子さんですが、元編集者で現ライタ―、神経症持ちののダンナさんがいろいろと手を回して調べたところ、被害者の児童の親御さんにも不審な点が出てきて……。

    いじめ騒動に巻き込まれた時の処方箋にもなる傑作実話マンガです。
    「大原さんち」シリーズ特別篇。

    *「大原さんち」シリーズ既刊
    『このごろ少し神経症 大原さんちのダンナさん』
    『子どもが天使なんて誰が言った!? 大原さんちのムスコさん』
    『大原さんちのムスコたち お父さんは神経症』

    SALE5/26 (木) 23:59まで

    価格

    349(税込)

    317円 (+消費税32円)

    499円 (税込)

  • マンガ 【増補版】息子がいじめの加害者に? 大原さんちの大ピンチ

    ある日急に、自分の子どもがいじめの加害者だと言われたら、あなたはどうしますか?
    いじめ騒動の当事者となった一家のサバイバルを描く実話マンガ!
    ★息子がいじめ被害者だった前日譚をはじめ、数々のエピソードを追加した増ページ完全版です★

    東日本大震災をきっかけに、故郷の佐世保に一家で移り住んだマンガ家の大原由軌子さん。仕事も軌道に乗り、息子たちも地元の暮らしに溶け込み、ようやく落ち着きを取り戻した矢先、長男がいじめの加害者だと告発されます。
    被害者の児童の親に謝罪はしたものの、教師からは精神異常者扱いされたり、全校児童の前で吊るし上げにあったりと、一家は四面楚歌に。パニック状態の由軌子さんですが、元編集者のダンナさんがいろいろと調べたところ、相手の親にも不審な点が出てきて……。

    「参考になった」「共感できない」。ネット上で賛否両論、大論争を巻き起こした話題の電子書籍を単行本化。

    SALE5/26 (木) 23:59まで

    価格

    560(税込)

    509円 (+消費税51円)

    801円 (税込)

付与コインの内訳

2コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「大原さんちのムスコたち お父さんは神経症」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報