ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集

著者
鳥山石燕

あらすじ・内容

妖怪ファン必携! 待望の文庫版。

かまいたち、火車、姑獲鳥(うぶめ)、ぬらりひょん――。あふれる想像力と類まれなる画力で、さまざまな妖怪の姿を伝えた江戸の絵師・鳥山石燕。その妖怪画集全点を、コンパクトに収録した必見の一冊!

電子書籍
価格

594(税込)

540円 (+消費税54円)

付与コイン
5(*詳細)

作品情報

著者
レーベル
角川ソフィア文庫
出版社
KADOKAWA
カテゴリ
実用
ページ概数
265
配信開始日
2014/6/26
底本発行日
2005/7/23
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

おすすめ特集

付与コインの内訳

5コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「鳥山石燕 画図百鬼夜行全画集」評価・レビュー

評価

4.8

おすすめコメント

  • 江戸時代の妖怪ウォッチ!! 深夜に会いたくなる妖怪たち

    現在の妖怪の姿に多大な影響を与えている鳥山石燕のイラスト集。

    中味は「妖怪が目の前にあらわれた! さて、どんな妖怪?」
    そんなお題の大喜利を集めたかのような印象です。
    怖がらそうとしてるけれども、どこかおもしろい。

    たとえば「ぶるぶる」。怖いときにぶるぶる震えるのはこの妖怪が襟元についているかららしい、とか。
    「人面樹」は花の代わりに人の首(しかも笑い顔!)が満開に咲く樹木だとか。

    文字による解説は必要最低限なので、絵から深読みできるのがこの本のいいところ。
    アニメ化するならこの妖怪はあの声優に!
    こいつとこいつを戦わせたらどうなる?
    ふとしたときに何度もパラ読みオーケー。

    2014/07/04

お得な情報