ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

KADOKAWA作品コイン50%還元キャンペーン
ラノベ

樹木葬 -死者の代弁者-

江波光則
イラスト
くまおり純
レビューを見る

あらすじ・内容

人を殺すこと、それは自分を殺すこと。

『鳥葬』『密葬』の舞台から数年。
時間がすぎても彼を取り巻く死の呪縛は簡単には剥がれなかった。高校を卒業し。大学に通う傍らで始めた自動車整備工の仕事。平穏な日々を過ごそうとしている陵司の下に、雇ってもらった工場の社長の娘の面倒をみるという題目が転がり込む。彼女の父親は、日々死を暗示させるポエムをネット上に流す、理解の範疇を越えた娘の心境を理解したがっていた。死にたがる高校生。死を軽んじる高校生。そして、死への願望をポエムにしたため、自殺を美徳とするような高校生。陵司からしてみれば、彼らの願望そのものがガキの戯言。しかし、ある日彼は、いじめが原因で首を吊ろうとする少年に出会う。何の因果か、彼のことを助けてしまった陵司は、いらぬお節介のせいで厄介なもめ事に巻き込まれる。かつて自分が犯した罪や、そのおかげで積み重ねてきた経験を活かしながら、社会の荒波を受け流していく。余りにも都合よく陵司の周りに集まる死。その原因を探るため、陵司は再び立ち上がる。
――彼らを人間にしてやるためには……。果たして陵司の生きざまに救いはあるのか……。
暗黒青春群像劇・完結編。数多の死を乗り越え、彼はようやく人間になった。

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

電子書籍 読み放題 MAXコース 完結
価格

660(税込)

600円 (+消費税60円)

付与コイン

新規限定!

コイン 306

コイン還元

(*詳細)

作品情報

シリーズ
鳥葬(ガガガ文庫)
著者
レーベル
ガガガ文庫
出版社
小学館
カテゴリ
ライトノベル
ページ概数
331
配信開始日
2014/2/28
底本発行日
2014/2/23
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「鳥葬(ガガガ文庫)」シリーズ作品一覧(全3冊)

649円〜660(税込)

  • ラノベ 鳥葬 -まだ人間じゃない-

    少年達は「殺人」という過去に振り回される。

    幼なじみが死んだ。
    ラブホテルで。首を吊って……。
    他殺か? 自殺か?

    事件の前日、死ぬ間際の八尋から送られた「過去に殺される」というメール。
    ある日届いた、「次はお前を殺す」という謎のメッセージ。
    八尋がインターネット上で自慢した「殺人」という偽りの記憶。

    主人公・陵司は、八尋の葬式で再会した旧友・桜香と共に、事件の真相を探り始める。かつて「殺人」を犯した陵司の過去を、自分の過去のように振り回し続けた八尋を襲ったものの正体は?
    八尋の死が、「殺人」以降関わりを絶っていた5人の少年少女を再び結びつける。
    ……一体、誰が、八尋を?

    『ストレンジボイス』『パニッシュメント』『ペイルライダー』の学園三部作にて根強い人気を誇る、鬼才・江波光則が新たに送る、青春群像ミステリ! 乞う! ご期待!

    ――あのとき、俺たちはまだ、人間ですらなかった。

    ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

    価格

    649(税込)

    590円 (+消費税59円)

  • ラノベ 密葬 -わたしを離さないで-

    少年は、もがく。過去と決別するために。

    同級生にモップで殴りかかった陵司に1か月の停学処分が下された。

    陵司は、校内で有名な不良教師・間宮からとある提案を持ちかけられる。
    「原稿用紙300枚分の文章と引き替えに、停学を無かった事にしてやる。さらに、その文章の内容に関わらず出版もしてやる」
    不適に笑う間宮は、陵司の「過去」、殺人という枷を知っているように見えた。
    静かに生きようとする陵司を晒しものにしてやる、という底意地の悪さがにじみ出ていた。

    一方、陵司が襲った同級生・真琴のことも無視できなくなる。
    真琴は巷でも有名な強請屋だった。
    しかし陵司は、金も持たない自分が、なぜ真琴の標的になったのかが分からない。
    あまりにも的確に、自分を挑発してきた真琴の真意が分からない。
    どうして八尋の自殺と、陵司の殺人を知っていたのかが、分からない。

    己の過去を掘り起こそうとする二人の人間に狙われた陵司は、どちらからも逃れるための策を見いだすが……。

    『鳥葬-まだ人間じゃない-』に続く、江波光則の暗黒青春群像劇第二弾。

    少年は、もがく。孤立という壁で守ってきた弱い心を葬って……。

    ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

    価格

    649(税込)

    590円 (+消費税59円)

  • ラノベ 樹木葬 -死者の代弁者-

    人を殺すこと、それは自分を殺すこと。

    『鳥葬』『密葬』の舞台から数年。
    時間がすぎても彼を取り巻く死の呪縛は簡単には剥がれなかった。高校を卒業し。大学に通う傍らで始めた自動車整備工の仕事。平穏な日々を過ごそうとしている陵司の下に、雇ってもらった工場の社長の娘の面倒をみるという題目が転がり込む。彼女の父親は、日々死を暗示させるポエムをネット上に流す、理解の範疇を越えた娘の心境を理解したがっていた。死にたがる高校生。死を軽んじる高校生。そして、死への願望をポエムにしたため、自殺を美徳とするような高校生。陵司からしてみれば、彼らの願望そのものがガキの戯言。しかし、ある日彼は、いじめが原因で首を吊ろうとする少年に出会う。何の因果か、彼のことを助けてしまった陵司は、いらぬお節介のせいで厄介なもめ事に巻き込まれる。かつて自分が犯した罪や、そのおかげで積み重ねてきた経験を活かしながら、社会の荒波を受け流していく。余りにも都合よく陵司の周りに集まる死。その原因を探るため、陵司は再び立ち上がる。
    ――彼らを人間にしてやるためには……。果たして陵司の生きざまに救いはあるのか……。
    暗黒青春群像劇・完結編。数多の死を乗り越え、彼はようやく人間になった。

    ※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

おすすめ特集

付与コインの内訳

306コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

  • 初回50%コイン還元 会員登録から30日以内の初回購入に限り、合計金額(税抜)から50%コイン還元適用

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

【クーポンの利用について】
クーポン適用後の金額(税抜)に対し初回50%コイン還元分のコインが付与されます。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

「樹木葬 -死者の代弁者-」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報