ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

アステイオン76

あらすじ・内容

特集 今、何が問題か

われわれは絶え間なく「問題」について語っている。
少し考えてみても東日本大震災からの復興、原子力とエネルギー、
雇用や財政、TPP参加の是非といった具合に、
およそ「問題」には事欠くことがない。
だが、一〇年、二〇年はもちろん
一年もするとすっかり忘れ去られてしまった「問題」も数多い。
「今」という時の重みは小さくなり、
「問題」も大量に生産され大量に消費されている。

『アステイオン』は創刊以来の四半世紀、本質的な「問題」を正面から語り、
時代の大きな流れの中で「今」を問う試みを続けてきた。
この基本的な姿勢にはいささかの変更もないが、
新しい編集体制で臨んだ本号の特集では、
各編集委員が「今、何が問題か」について自問することで、
われわれの知的姿勢を改めて明らかにしておきたい。
あえて時間的にも地域的にも限定を設けず、
それぞれ専門を異にする編集委員が「今」と「問題」を自由に語った論考から、
何が見えてくるだろうか。

現代の諸問題を「鋭く感じ、柔らかく考える」本誌の挑戦に対する
読者諸氏のかわらぬご支援を期待しつつ、
リニューアル後の最初の特集をお届けしたい。

電子書籍
価格

1,047(税込)

952円 (+消費税95円)

付与コイン
9(*詳細)

作品情報

シリーズ
アステイオン
著者
レーベル
――
出版社
CCCメディアハウス
カテゴリ
実用
ページ概数
412
配信開始日
2021/6/4
底本発行日
2012/5/10
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 アステイオン95

編者: 公益財団法人サントリー文化財団・アステイオン編集委員会

【特集】アカデミック・ジャーナリズム

かつて自在に相互乗り入れができたアカデミズムとジャーナリズムは、それぞれの発展とともに分化し、分断を深めてきた。両者を仲立ちしつつ刷新する「アカデミック・ジャーナリズム」を、激変する情報社会環境の中でいかに維持・発展させてゆくか。


<特集>東 浩紀/大治朋子 /下山 進 /渡辺一史 /小川さやか/武田 徹 /芹沢一也/山本昭宏/大内悟史/小林佑基/鈴木英生/田所昌幸/開沼 博

<論考>手塚宏之/大塚 淳 /佐藤卓己

<写真で読む研究レポート>榎本泰子 /伊藤亜紗

<連載>張 競/五百旗頭 真

価格

1,100(税込)

1,000円 (+消費税100円)

「アステイオン」シリーズ作品一覧(全20冊)

1,047円〜1,100(税込)

  • 実用 アステイオン76

    特集 今、何が問題か

    われわれは絶え間なく「問題」について語っている。
    少し考えてみても東日本大震災からの復興、原子力とエネルギー、
    雇用や財政、TPP参加の是非といった具合に、
    およそ「問題」には事欠くことがない。
    だが、一〇年、二〇年はもちろん
    一年もするとすっかり忘れ去られてしまった「問題」も数多い。
    「今」という時の重みは小さくなり、
    「問題」も大量に生産され大量に消費されている。

    『アステイオン』は創刊以来の四半世紀、本質的な「問題」を正面から語り、
    時代の大きな流れの中で「今」を問う試みを続けてきた。
    この基本的な姿勢にはいささかの変更もないが、
    新しい編集体制で臨んだ本号の特集では、
    各編集委員が「今、何が問題か」について自問することで、
    われわれの知的姿勢を改めて明らかにしておきたい。
    あえて時間的にも地域的にも限定を設けず、
    それぞれ専門を異にする編集委員が「今」と「問題」を自由に語った論考から、
    何が見えてくるだろうか。

    現代の諸問題を「鋭く感じ、柔らかく考える」本誌の挑戦に対する
    読者諸氏のかわらぬご支援を期待しつつ、
    リニューアル後の最初の特集をお届けしたい。

    価格

    1,047(税込)

    952円 (+消費税95円)

  • 実用 アステイオン77

    特集 それでも民主主義

    アリストテレスが民主主義(デモクラティア)を語った時、
    それはプロの政治家を選挙で選ぶ現代の常識とは異なって、
    市民がくじ引きによって交代で公職を担当する政治制度を意味していた。
    しかもそれは、多数者(デモス)が自らの利益のために
    国家(ポリス)を支配する政治のことで、
    公益のために市民が協力する国制(ポリティア)の逸脱型とされた。
    つまり良き政治体制を意味していたわけではない。

    今日、民主主義はほとんど唯一の正しい政治のやり方を意味し、
    それに疑問を呈することはとりわけアメリカでは異端である。
    だが現実の民主政治に選挙民が不満を募らせているのは、
    政権交代後の期待が幻滅に変わった日本だけではない。
    民主主義の総本山を自認するアメリカでもワシントンへの不信は強いし、
    ヨーロッパでは高邁な欧州統合の理想は、
    草の根の民衆の反発に晒されている。
    他方で非民主的な中国は世界で存在感が急速に増している。

    もし権威主義体制がうまくいくのなら、
    なぜ民主主義でないといけないのか。
    民主主義とはいったい何で、その可能性と限界は何なのだろうか。
    改めて民主主義を正面から考えてみようではないか。

    価格

    1,047(税込)

    952円 (+消費税95円)

  • 実用 アステイオン78

    特集「科学を試す」 中島秀人/城山英明/横山広美/岡本浩一/金森 修/野澤 聡/小林傳司 /上山隆大  対談 山崎正和×三浦雅士「丸谷才一を偲ぶ」  [論考] 「アマチュアリズムの政治と科学─日本野鳥の会の戦中・戦後史」 牧原 出/「支え合う日本人と震災復興―政治経済学の視点から」 田中愛治 [写真で読む研究レポート]「科学アカデミーの誕生」 隠岐さや香など、最新の議論と豪華執筆陣。

    価格

    1,047(税込)

    952円 (+消費税95円)

  • 実用 アステイオン79

    特集「なぜ幸福か」鷲田清一/ニール・ネヴィット/森本あんり/髙山裕二/ニック・ポータヴィー/大竹文雄+黒川博文/古市憲寿 [論考] 酒井隆史/広田照幸/川野健 [写真で読む]武藤夕佳里 [連載]「リズムの哲学ノート」山崎正和ほか

    価格

    1,047(税込)

    952円 (+消費税95円)

  • 実用 アステイオン80

    特集 第一次大戦100年

    ちょうど100年たったから何だというのか。
    99年や101年とどこが違うのか。
    それでも、あの大戦による破壊と影響の巨大さを考えれば、
    改めてその意味をかみしめるのに
    100年の歳月が必要だったのかもしれない。
    それはかみしめることのできる過去、
    つまり「歴史」となったことを
    100年の区切りは象徴しているのかもしれない。

    進歩の最先端にあると自負していたヨーロッパは、
    これによって空前の人的・物的破壊を経験した。
    四つの伝統ある帝国、ロシア、ハプスブルク、ドイツ
    そしてトルコが、地球上から消滅した。
    文明としてのヨーロッパそのものが、深い懐疑に沈んだ。
    そしてヨーロッパで始まったあの大戦だが、
    世界の人々の運命を大きく変えた。
    もちろん日本人も例外ではない。

    その後100年、人類は教訓を学ぼうとし、
    多くの試みを繰り返してきた。
    改めて100年前の大惨禍を想い、
    断罪も正当化も超えた何かを探ってみよう。
    あの大戦は意外にまだ我々の身近にあるのかもしれないのだから。

    価格

    1,100(税込)

    1,000円 (+消費税100円)

付与コインの内訳

9コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「アステイオン76」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報