ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

新電力サバイバル(週刊ダイヤモンド特集BOOKS Vol.397)―――規制撤廃前の大嵐

堀内亮

あらすじ・内容

2016年4月に始まった電力小売り全面自由化で約500社まで膨らんだ電気小売りの新規参入事業者「新電力」が、苦境に立たされている。大手電力の猛反撃で価格競争が激化。20年度の規制料金撤廃を前に脱退組も出てきた。新電力に勝ち目はあるのか。

電子書籍
価格

110(税込)

100円 (+消費税10円)

付与コイン
1(*詳細)

作品情報

シリーズ
週刊ダイヤモンド特集BOOKS
著者
レーベル
週刊ダイヤモンド特集BOOKS
出版社
ダイヤモンド社
カテゴリ
実用
ページ概数
30
配信開始日
2019/1/25
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 2018年『ベスト経済書』(週刊ダイヤモンド特集BOOKS Vol.414)―――経済学者・経営学者・エコノミスト111人が選んだ

著: 竹田孝洋

2018年も17年と同様、データ分析に関する本が上位に入った。さまざまな意思決定の場で、科学的根拠(エビデンス)が重視されるようになってきていることの証左だろう。加えて、経済成長や経済学の在り方を考え直す本がランクインしたことも18年の特徴といえるだろう。

価格

110(税込)

100円 (+消費税10円)

「週刊ダイヤモンド特集BOOKS」シリーズ作品一覧(全409冊)

110円〜549(税込)

  • 実用 日銀陥落~安倍政権の危険なギャンブル 要求丸呑みの“舞台裏”~

    1月22日、日本銀行が安倍政権の要求を丸呑みする形で、2%の“インフレ目標”を導入した。安倍首相の日銀に対する強い干渉は、足元のところ円安・株高を誘導したように見えるが、そもそも「インフレ率2%」とは実現可能な数値なのか。はたして日銀は政府の要求を何でも聞くようになったのか、そうした政府・日銀の関係は世界的に見て適切なのか――。「週刊ダイヤモンド」2013年2月2日号の特集『日銀陥落』では、日銀と政府の交渉の裏側で何がおこっているのか、今回の政策決定が何を意味しているのかをデータ満載で解説。この度、同特集を電子書籍化しました。新聞を読むだけではわかりにくい、日銀の動きをまとめています。雑誌の他のコンテンツは含まれず、特集だけを電子化したためお求めやすい価格になっています。

    価格

    220(税込)

    200円 (+消費税20円)

  • 実用 誰が音楽を殺したか?

    インターネットやスマホの台頭により、今やCDの市場は壊滅状態にある。音楽家やレコード会社は変革の波に悩み、そしてそこにチャンスを見出そうとしている。音楽に未来はあるのだろうか?音楽業界がなぜ壊滅的状況に陥ったのか、新しいサービスにチャンスはあるのかなどをデータ満載で紹介した「週刊ダイヤモンド(1月12日号)」の第2特集『誰が音楽を殺したか?』。その特集を電子書籍化しました。雑誌のほかのコンテンツは含まれず、特集だけを電子化したためお求めやすい価格になっています。

    価格

    110(税込)

    100円 (+消費税10円)

  • 実用 円安に乗る! 株・投信・外貨投資

    安倍政権の発足後、株価は急上昇を続けています。背景には、政府からの要求に屈し日銀がインフレ目標を導入、その結果、円安が急激に進んだことがあります。この急騰に乗り遅れまいと、個人の株式投資も再び活発化しています。「週刊ダイヤモンド」(2013年2月2日号)の第一特集『円安に乗る! 株・投信・外貨投資』は、今、どんな金融商品に投資すべきなのか?をバッチリ掲載しています。*雑誌の他のコンテンツは含まれず、第一特集だけを電子化したためお求めやすい価格になっています。

    価格

    330(税込)

    300円 (+消費税30円)

  • 実用 国内市場5.7兆円 「LGBT(レズビアン/ゲイ/バイ・セクシャル/トランスジェンダー)市場」を攻略せよ!

    欧米では古くから「LGBT」という人たち向けに大きな消費市場が存在しています。
    LGBTとは「レズビアン(女性に惹かれる女性)」、「ゲイ(男性に惹かれる男性)」、
    「バイ・セクシャル(両性愛者)」、「トランスジェンダー(性同一性障害)」
    の頭文字を取り、性的少数者の総称として使われる言葉です。
    LGBTは人口の約5%の規模で存在するといわれています。
    LGBTに関する商品やサービスの市場は、米国では77兆円、英国は7兆円にもなり、
    企業は無視できず、情報感度が高く可処分所得も多いLGBTへの対応を誤ると 
    業績に大きく影響する可能性もあります。
    そして、日本でも市場は5兆7000億円という調査結果もあります。
    ようやく日本で注目され始めたLGBT市場とどう向き合うのか。
    週刊ダイヤモンド(2012年7月14日号)では第二特集「国内市場5.7兆円 LGBT市場を攻略せよ!」を掲載。
    本特集はレズビアン&ゲイカルチャー、LGBTコミュニティに貢献した人に贈られる
    「Tokyo SuperStar Awards2012」のメディア賞を受賞しました。
    この度、その特集を電子化しました。
    雑誌のほかのコンテンツは含まれず、特集だけを電子化したため、お求めやすい価格となっています。
    【掲載内容】
    ・第1部 業績を左右する77兆円市場 米国企業が意識する“視線”
    ・第2部 10の事例から将来像を読み解く 日本におけるLGBT最新事情
    日本IBM/シスコシステムズ/ゴールドマン・サックス/プルデンシャル生命保険/
    ソフトバンク/ディズニーとパークハイアット/TOOT/LAUXES/アルファロメオ
    ・職場におけるカムアウト問題 周囲の理解と配慮は不可欠
    ・Column 中年期を迎えるゲイ1期生 直面する「老後」という課題

    価格

    110(税込)

    100円 (+消費税10円)

  • 実用 SONYを去ったエース社員たちからの提言 ヤメソニーに訊け!!

    【この商品は1冊単品版です。「ソニーのB面」とセットになったお得なサービスパック版も販売しています。詳しくは『週刊ダイヤモンド 特集BOOKS』で検索ください】「自由闊達ニシテ愉快ナル理想工場ノ建設」。ソニーの設立趣意書に書かれたこの有名な文言に引かれてソニーに入社した人材が、職場を見限り始めている。彼らは何を思い、ソニーを去ったのか。ある者は海を渡りライバルの韓国メーカーへ。ある者は自由な社風に魅了され世界的なIT企業へ。ある者は自身の技術力を生かすため自ら起業。共通するのは、ソニーを辞めていった社員は皆、退社後もソニーを愛してやまないこと。「週刊ダイヤモンド」(2011年2月12日号)の第二特集で『SONYを去ったエース社員たちからの提言 ヤメソニーに訊け!!』を掲載。なぜ、優秀な人材がソニーをやめるのか、韓国企業にわたった人材はどのように扱われるのか。そして、退社した「ヤメソニー」たちは今のソニーをどう見ていて、何を提言するのか。これらを紹介しつつ、ソニー復活ための処方箋を提示しました。この度、その特集を電子化しました。雑誌の他のコンテンツは含まれず、特集だけを電子化したため、お求めやすい価格になっています。

    価格

    110(税込)

    100円 (+消費税10円)

付与コインの内訳

1コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「新電力サバイバル(週刊ダイヤモンド特集BOOKS Vol.397)―――規制撤廃前の大嵐」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報