ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍

日本の特別地域 特別編集35 これでいいのか 宮城県 仙台市

著者
佐藤圭亮
著者
丸山佑介
著者
和田虫象
価格
762円 762 (+税)
獲得コイン
7 コイン

獲得コイン7コインの内訳

通常購入分
7コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容

タダじゃ転ばない仙台の伊達魂!
復興バブルで問われる仙台の底力!?

東北の中心地を自認する杜の都・仙台市。
市民は東北イチの大都市に住むことを自慢に思うが、
他市や他県民からは「その天狗っぷりが鼻につく」などとも思われていたりする。
が、データというのは残酷なもので、
実際東北地方に仙台市以上に重要な都市はない、というのは「事実」と断言できるだろう。
しかし、具体的に「仙台のイメージは」と聞かれると、
意外と多くは語れないとの声もある。
そんなことないぞ、歴史で伊達政宗がいて、食い物が美味い。牛タン最高。で……
あれ? 「街がデカい」以外となると、あんまり見どころないのかも!?
発展している都市というだけならば、それこそ日本全国にある。
仙台ならではという特徴となると、住民が思っている以上に「希薄」だったりもするのだ。
ならば大都市・仙台というのは伊達男たちが勝手に思い描いていた虚像なのか、
それともアピール不足なだけで、本当に重要で特徴的な要素があるのだろうか。
その辺を徹底調査していくのが本書の目的である。
が、すでに30を越える街を調査してきた本シリーズにあって、
今回は、やや特殊な構成にならざるを得なかった。
2011年3月11日に発生した東日本大震災により、
仙台、宮城をはじめとした東北~関東の沿岸地域は多大なる被害を受けてしまった。
純粋な震災被害を語る本でもないので、基本的には「仙台/宮城と震災」という目線から、
そして希望も込めて「アレからどこまで復興したのか」という切り口で、
多くの紙幅も費やさせて頂いた。
そもそも仙台市とはどんな都市なのか、そして仙台市がこれから担うべき役割とは。
仙台市の実力は本当に「伊達じゃない」のか!?
とくとご覧頂きたい。

(C)佐藤圭亮 丸山佑介/株式会社マイクロマガジン社

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有

「日本の特別地域 特別編集35 これでいいのか 宮城県 仙台市」の作品情報

レーベル
出版社
著者
ページ概数
148

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2014/4/18
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面