ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

実用

「挫折」というチカラ 人は折れたら折れただけ強くなる(マガジンハウス新書)

原晋

あらすじ・内容

原監督就任から5年後の2009年に33年ぶりに箱根駅伝出場、そして2015年には初の総合優勝。そこから2018年にかけて4連覇を果たし、2022年には大会新記録を更新して優勝するなど、今や押しも押されぬトップ校の仲間入りを果たした青山学院大学陸上部。その強さを支えているのは、これまでの栄光ではなく、選手たち自身の「挫折した体験」だと原監督は言います。また原監督の人生も挫折の連続。しかしその挫折を一つ一つ乗り越えてきたから「諦めない青学」が作られてきたのです。

不確定性が高まる世の中において、「挫折」を体験したものだけが、折れない心、あきらめない姿勢、チャレンジする精神を手に入れられます。挫折こそが成功のもとなのです。

しかし今の日本社会は、失敗を許容しない風潮のため、社会全体が失敗を恐れ、挑戦することを避けてしまっているのが現状です。

『「挫折」を恐れる人間に挑戦はできません。
それにも関わらず、この社会には「挫折」が足りない。
いや、「挫折」する機会が圧倒的に足りないのです。』
そう語る原監督は、現代の「失敗させない」「失敗を避け挑戦をしない」風潮に苦言を呈します。

そこで本書では、挫折という体験の大切さと同時に、どうすればそこから再起して、さらに高みへとステップアップすることができるか、その思考法を紹介します。
 原監督の哲学とともに、挫折を乗り越え、社会に出てからもたくましく成長し、結果を出している選手たちがどのように「折れない心」を作ってきたのかをインタビューし、そこに通底する考え、再起するための秘訣を考察しました。
 
「失敗が怖い」「自信がない」「すぐ諦めてしまう」
組織のしがらみの中、自分に失望し、次へのチャレンジに踏み出せないすべての人、人生の苦難に面している人、自分に自信がなくなっているすべての人に送る「挫折を乗り越えるヒント」です。

電子書籍
価格

880(税込)

800円 (+消費税80円)

付与コイン
8(*詳細)

作品情報

シリーズ
マガジンハウス新書(マガジンハウス)
著者
レーベル
――
出版社
マガジンハウス
カテゴリ
実用
ページ概数
170
配信開始日
2022/11/24
底本発行日
2022/11/24
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境

ジャンル

ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

実用 健康の大疑問(マガジンハウス新書)

著: 山田悠史

NY在住・新進気鋭の専門医が、
最新の知見を駆使し、健康情報の真偽を問う。
健康常識をアップデートせよ

白髪の原因はストレス?
腸内細菌が認知機能を高める?
痛風にプリン体制限は有効?
高血圧の薬は一生飲み続けてOK?
ウォーキングは1日何歩までがベスト?
次世代エイジングケア
NMNサプリの正体とは?
若者の大腸がんが急増している本当の理由とは?
乳酸菌は風邪予防になる?
断食で長生きが可能となる?
グルコサミンは変形性膝関節症の痛みを改善する?
ビタミンDで骨は強くなる?
音楽が健康に及ぼす影響とは? ……etc.

価格

880(税込)

800円 (+消費税80円)

「マガジンハウス新書(マガジンハウス)」シリーズ作品一覧(全6冊)

880(税込)

  • 実用 縮小ニッポンの再興戦略(マガジンハウス新書)

    給料は下がるのに、物価は上がる――
    「最悪の未来」(スタグフレーション)を回避するため、
    日本はいま、何をするべきなのか?

    コメンテーターとして、テレビ・ラジオに引っ張りだこの著者が、
    「日本経済を復活させる」唯一の方法を初めて明かす!

    本書では、多くの日本人が衝撃を受けるであろう真実を提示しています。
    それは「日本の高度経済成長は単なる偶然だった」ということ――。
    私たちはこの”間違った成功体験”に固執しすぎるあまり、
    沈みゆく経済を前にしても、効果的な対策を講じられなかったわけです。
    日本経済に対して正しい認識を持てば、
    自ずと「経済復活の処方箋」が見えてくるのです。 ――著者

    【目次・内容例】
    第1章 日本は「経済政策」では復活しない
    ・結局、どの政権でも「低成長」
    ・「現役世代の消費低迷」という大問題
    ・「新しい資本主義」も期待できない
    ……
    第2章 高度成長は“単なる偶然”だった
    ・中国の失敗による「ライバル不在」
    ・日本は「輸出+消費」のハイブリッド
    ・「政府に頼らない産業ばかりが生き残る」という皮肉
    ……
    第3章 IT拒否社会ニッポン
    ・なぜ、日本でイノベーションが生まれないのか?
    ・「IT化の遅れ」が経済衰退のきっかけ
    ・「組織文化」がIT化を妨げる
    ……
    第4章 日本は製造業大国ドイツになれるのか?
    ・半完成品を売る日本、最終製品を売るドイツ
    ・日米貿易摩擦で日本が見せた驚くべき反応
    ・ドイツの巧みな外交戦略
    ……
    第5章 経済成長のエンジンとしての「消費」
    ・「円安がメリット」の時代は終わった
    ・「将来が不安」だと人はお金を貯め込む
    ・異質な「人件費削減策」がもたらしたもの
    ……
    第6章日本が成長する唯一の方法
    ・世界はブロック経済に向けて動き出している
    ・輸出立国を続けるには中国に従うしかない
    ・「1億人の国内消費」を喚起するのがもっとも効率的
    ……

    価格

    880(税込)

    800円 (+消費税80円)

  • 実用 天才たちの未来予測図(マガジンハウス新書)

    資本主義は、民主主義は、日本社会は、
    どう“変調”していくのか――?
    予測不可能な時代を生き抜くヒントを
    「最先端の知性」がはじめて明かす!


    本書では、世界が認めた4人の若き天才が、
    「これからの世界と日本はどうなっていくのか」
    という問いに“最先端の知見”を元に答えています。

    本書に登場する天才たちはみな、
    卓越した思考の持ち主であると同時に
    優れた実践者でもあります。
    彼らの「未来予測図」には、
    ビジネスや人生の見え方が
    一変するヒントに溢れています。


    <本書の内容>
    斎藤幸平『資本主義から脱成長コミュニズムへ』
    ・「限界」を迎える資本主義
    ・ソ連の問題点
    ・「科学技術がすべてを解決する」という幻想
    ・「脱成長」から始まる未来
    ・世界を救うマルクスの「コミュニズム」
    ・「人新世の危機」を乗り越える
    小島武仁『世界の歪みを正すマッチング理論』
    ・社会問題を「疑似市場」で解決する
    ・「ミスマッチ」をなくし「満足度」を高める
    ・「最高の人事制度」もデザインできる
    ・「GLAY」から研究者の道へ
    ・日本の未来は「意外と悪くない」
    内田舞『withコロナ時代の「心の守り方」』
    ・「社会正義」としての小児精神科医
    ・ネガティブな感情を書き替える「再評価」
    ・コロナ禍で「心のバランス」を崩す子どもたち
    ・アメリカ社会の「キャリア」と「育児」
    ・事実を“そのまま受け入れる”思考法
    成田悠輔『「わけがわからない人間」が輝く時代』
    ・「何をやっているかよくわからない」が理想
    ・教育は「個別最適化」されていく
    ・もう「逆張り戦略」しかない
    ・民主主義を解体構築する
    ・人が猫に仕える未来?
    ・「何の意味のないこと」に精を出す

    価格

    880(税込)

    800円 (+消費税80円)

  • 実用 「死」を考えて、今日を生き切る(マガジンハウス新書)

    親、伴侶、きょうだい、そして自分自身――
    「死」について考えることで「生」を知る
    看護師・僧侶が伝えたい、逝き方と生き方


    日本は世界でも有数の「超高齢社会」です。でも、その意味や深刻さを正確に理解している人は少ないのではないでしょうか? 
    総人口の中で65歳以上の人口が占める割合を「高齢化率」といいます。
    この数字が7%を超えると「高齢化社会」、14%を超えると「高齢社会」、21%を超えると「超高齢社会」です。
    ちなみに、日本が「高齢化社会」になったのは1970年のことでした。その24年後の1994年には「高齢社会」に、そのわずか13年後の2007年には「超高齢社会」にと、日本の高齢化はすさまじいスピードで進みました。
    そして、2021年には29.1%まで上昇し、日本は人口の約3割が65歳以上という“超高齢大国”になりました。
    さらに死亡数でいえば、これからおとずれる2040年には「1年で166万の人たちが亡くなる」と試算されています。
    20秒に1人が死んでゆく「超高齢多死時代」がやってくるのです(ちなみに2021年の死亡数は、143万9809人/「厚生労働省」調べ)
    この数字を見て、皆さんは何を感じますか? 

    日本の将来を見据えて国が勧めているのは、「在宅で死ぬこと」です。
    「自宅で最期を迎える」というと、「なるほど、そのほうがいいかも」「やっぱり住み慣れた場所で最期を迎えたいよね」などと思う方もいるでしょう。
    しかし国の本音は違います。身もふたもない言い方になってしまいますが、年間166万という多くの人々を病院で看取るのは医療経済的に無理。だから国は「在宅死」を勧めているのです。
    とはいえ、これまで「病院で亡くなる」「病院で看取る」のが当たり前だったのに、いきなり在宅死にしようと言われても制度などのハード面、マンパワーなどのソフト面が十分に追いついていきません。
    そして何より「逝く人」「看取る側」の心の準備ができていません。
    その結果、あちこちで困りごとやひずみが噴出しているというのが現状です……。
    (「まえがき」より抜粋)

    「延命治療」「在宅ひとり死」「介護離職」……問題山積の終末医療、
    「超高齢多死時代」の逝き方と生き方を考える一冊。

    価格

    880(税込)

    800円 (+消費税80円)

  • 実用 「挫折」というチカラ 人は折れたら折れただけ強くなる(マガジンハウス新書)

    原監督就任から5年後の2009年に33年ぶりに箱根駅伝出場、そして2015年には初の総合優勝。そこから2018年にかけて4連覇を果たし、2022年には大会新記録を更新して優勝するなど、今や押しも押されぬトップ校の仲間入りを果たした青山学院大学陸上部。その強さを支えているのは、これまでの栄光ではなく、選手たち自身の「挫折した体験」だと原監督は言います。また原監督の人生も挫折の連続。しかしその挫折を一つ一つ乗り越えてきたから「諦めない青学」が作られてきたのです。

    不確定性が高まる世の中において、「挫折」を体験したものだけが、折れない心、あきらめない姿勢、チャレンジする精神を手に入れられます。挫折こそが成功のもとなのです。

    しかし今の日本社会は、失敗を許容しない風潮のため、社会全体が失敗を恐れ、挑戦することを避けてしまっているのが現状です。

    『「挫折」を恐れる人間に挑戦はできません。
    それにも関わらず、この社会には「挫折」が足りない。
    いや、「挫折」する機会が圧倒的に足りないのです。』
    そう語る原監督は、現代の「失敗させない」「失敗を避け挑戦をしない」風潮に苦言を呈します。

    そこで本書では、挫折という体験の大切さと同時に、どうすればそこから再起して、さらに高みへとステップアップすることができるか、その思考法を紹介します。
     原監督の哲学とともに、挫折を乗り越え、社会に出てからもたくましく成長し、結果を出している選手たちがどのように「折れない心」を作ってきたのかをインタビューし、そこに通底する考え、再起するための秘訣を考察しました。
     
    「失敗が怖い」「自信がない」「すぐ諦めてしまう」
    組織のしがらみの中、自分に失望し、次へのチャレンジに踏み出せないすべての人、人生の苦難に面している人、自分に自信がなくなっているすべての人に送る「挫折を乗り越えるヒント」です。

    価格

    880(税込)

    800円 (+消費税80円)

  • 実用 ただの人にならない 「定年の壁」のこわしかた(マガジンハウス新書)

    定年までに「老後資金2000万」があれば
    幸せに生きられるのか?
    人生100年時代といわれる今こそ
    定年後の生き方やお金の常識を見直すとき。
    現役サラリーマン時代に
    フリーランスマインドを身に付けて
    愉快な「定年後」を手に入れよう。

    時代とともにお金の常識も生き方も変わってくる。
    公認会計士でベストセラー『会計の世界史』の著者が“今”を読み解き、
    老後資金に不安を抱える現役サラリーマンへ
    令和時代の新しい生き方・働き方を完全ガイド。
    貯金でも投資でもない、第3の選択とは?

    貯金の残高を気にするより小さく稼いで気楽に生きる!
    老後の不安をまるごと解消する令和フリーランスのすすめ。
    40~50代の現役世代に必読の書。

    価格

    880(税込)

    800円 (+消費税80円)

  • 1
  • 2

おすすめ特集

付与コインの内訳

8コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「「挫折」というチカラ 人は折れたら折れただけ強くなる(マガジンハウス新書)」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報