ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

文芸

信州怪談

あらすじ・内容

内容紹介
徹底取材!
長野県各地で今も起きている怪奇現象の数々を丸山政也が描く!

心霊譚が絶えない長野市のホテル
善光寺に巣食う妖しい怪異の数々
死者に呼ばれる軽井沢大橋
車中に何かが乗り込む碓氷峠
小岩嶽城址の怨霊武士
菅平高原の首なしラガーマン

〈奇譚百物語〉シリーズの丸山政也が地元長野県の怖い話を纏めた実話怪談集!
・松本市のとある住宅におぞましい異形が巣食う…「借家」
・木曽路にて、不気味な猿に導かれた先で驚愕の光景が…「猿の怪話」
・断崖で視たこの世の者とは思えぬ存在…「半過岩鼻」
・天竜川の舟下りで現れた恐ろしい怪異…「南原橋」
・日本有数のパワースポットで撮れた不可思議な心霊写真…「分杭峠」
・岡谷市の神社の怪異、その裏に凄惨な事件が…「池に浮かぶもの」
――など身も凍る恐怖体験談に加え怖い民話も数多く収録!
伝承の宝庫・信濃には恐ろしい場所が数多く存在する…

電子書籍
価格

748(税込)

680円 (+消費税68円)

付与コイン
6(*詳細)

作品情報

シリーズ
信州怪談(竹書房怪談文庫)
著者
レーベル
竹書房怪談文庫
出版社
竹書房
カテゴリ
文芸・小説
ページ概数
204
配信開始日
2021/2/27
底本発行日
2021/3/6
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

シリーズ最新刊

文芸 信州怪談 鬼哭編

著: 丸山政也

内容紹介
体験者を取材!
長野県限定、今も起きている心霊ガイドブック!

飯田市の大火のあと、桜の根に女の黒髪が…
軽井沢のテニスコートに出没する影だけの女
長野市の映画館。白い手だけが肘掛の上に!
諏訪湖の花火大会で亡き友に会った
小諸大橋から黒い影が飛び降りる!
天狗岳の遭難者が夢に出てくる

松本在住の著者が長野県で起きた怖い話を蒐集、徹底取材して綴った郷土愛と恐怖溢れる一冊。
・具合の悪い息子を連れて夜間に訪れたとある病院。そのまま入院することになったのだが…「郊外の病院」(松本市)
・ビジネスホテルの窓ガラス清掃作業中、カーテンの隙間から目撃した恐怖…「ブランコ作業」(上田市)
・雲ノ平の山小屋周辺で起こる怪異の数々…「見つかった白骨」(飛騨山脈)
・須坂村の塚から鬼の髑髏が出た!現代にまで受け継がれる恐怖譚の数々…「怪奇な民話」(信州各地)
・出張先で見た夢は台風19号の大災害…「回避した者たち」など。

価格

748(税込)

680円 (+消費税68円)

「信州怪談(竹書房怪談文庫)」シリーズ作品一覧(全2冊)

748(税込)

  • 文芸 信州怪談

    内容紹介
    徹底取材!
    長野県各地で今も起きている怪奇現象の数々を丸山政也が描く!

    心霊譚が絶えない長野市のホテル
    善光寺に巣食う妖しい怪異の数々
    死者に呼ばれる軽井沢大橋
    車中に何かが乗り込む碓氷峠
    小岩嶽城址の怨霊武士
    菅平高原の首なしラガーマン

    〈奇譚百物語〉シリーズの丸山政也が地元長野県の怖い話を纏めた実話怪談集!
    ・松本市のとある住宅におぞましい異形が巣食う…「借家」
    ・木曽路にて、不気味な猿に導かれた先で驚愕の光景が…「猿の怪話」
    ・断崖で視たこの世の者とは思えぬ存在…「半過岩鼻」
    ・天竜川の舟下りで現れた恐ろしい怪異…「南原橋」
    ・日本有数のパワースポットで撮れた不可思議な心霊写真…「分杭峠」
    ・岡谷市の神社の怪異、その裏に凄惨な事件が…「池に浮かぶもの」
    ――など身も凍る恐怖体験談に加え怖い民話も数多く収録!
    伝承の宝庫・信濃には恐ろしい場所が数多く存在する…

    価格

    748(税込)

    680円 (+消費税68円)

  • 文芸 信州怪談 鬼哭編

    内容紹介
    体験者を取材!
    長野県限定、今も起きている心霊ガイドブック!

    飯田市の大火のあと、桜の根に女の黒髪が…
    軽井沢のテニスコートに出没する影だけの女
    長野市の映画館。白い手だけが肘掛の上に!
    諏訪湖の花火大会で亡き友に会った
    小諸大橋から黒い影が飛び降りる!
    天狗岳の遭難者が夢に出てくる

    松本在住の著者が長野県で起きた怖い話を蒐集、徹底取材して綴った郷土愛と恐怖溢れる一冊。
    ・具合の悪い息子を連れて夜間に訪れたとある病院。そのまま入院することになったのだが…「郊外の病院」(松本市)
    ・ビジネスホテルの窓ガラス清掃作業中、カーテンの隙間から目撃した恐怖…「ブランコ作業」(上田市)
    ・雲ノ平の山小屋周辺で起こる怪異の数々…「見つかった白骨」(飛騨山脈)
    ・須坂村の塚から鬼の髑髏が出た!現代にまで受け継がれる恐怖譚の数々…「怪奇な民話」(信州各地)
    ・出張先で見た夢は台風19号の大災害…「回避した者たち」など。

    価格

    748(税込)

    680円 (+消費税68円)

おすすめ特集

付与コインの内訳

6コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「信州怪談」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報