ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

KADOKAWA作品コイン50%還元キャンペーン
実用

TensorFlowはじめました3 Object Detection ─ 物体検出 

著者
有山 圭二

あらすじ・内容

好評シリーズ第三弾!機械学習で画像を解析!

【大好評「TensorFlowはじめました」シリーズ最新刊!】

本書は、TensorFlowがオープンソースで公開されるまで「機械学習」に触れたことがなかった筆者が、TensorFlowを通じて機械学習に挑戦して、七転八倒した成果をまとめた「TensorFlowはじめました」シリーズの第三弾です。今回は画像の中から物体(イラストなら「顔」の部分など)を検出する「物体検出」を題材に、畳込みニューラルネットワークモデルの学習と評価・検証を行っています。
【目次】
第1章 TensorFlowの基礎
 1.1 TensorFlowとは
 1.2 データフローグラフ
 1.3 テンソル(Tensor)
 1.4 変数とプレースホルダー
 1.5 演算子のオーバーロード
 1.6 ブロードキャスティング
第2章 グリッドベースの物体検出
 2.1 物体検出とは
 2.2 モデルの定義
 2.3 データセットの作成
 2.4 学習(訓練)
 2.5 検証
第3章 物体認識奮闘記
 3.1 確信度と座標
 3.2 畳み込み層
 3.3 モデルの定義
 3.4 データセットの再作成
 3.5 学習・訓練
 3.6 検証
付録 参考資料
あとがき

電子書籍 最新刊
価格

1,100(税込)

1,000円 (+消費税100円)

付与コイン
10(*詳細)

作品情報

シリーズ
TensorFlowはじめました(NextPublishing)
著者
レーベル
NextPublishing
出版社
インプレス NextPublishing
カテゴリ
実用
ページ概数
105
配信開始日
2018/1/26
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「TensorFlowはじめました(NextPublishing)」シリーズ作品一覧(全3冊)

1,100(税込)

  • 実用 TensorFlowはじめました 実践!最新Googleマシンラーニング

    【TensorFlow 1.1.0に対応した最新改訂版!】

    本書はGoogleが公開している機械学習ライブラリ「TensorFlow(テンソルフロー)」を初めて使う読者のためのチュートリアルガイドです。画像の多クラス分類問題「CIFAR-10」テーマに、機械学習に初めて触れるエンジニアのためのTensorFlowの基礎、実際に画像を使った機械学習に取り組むための初歩的な知識を掲載しています。

    【目次】
    TensorFlowの基礎
     TensorFlowとは
     データフローグラフ
     変数とプレースホルダー
     Tensor(テンソル)
     TensorBoardによるグラフの可視化
    CIFAR-10の学習と評価
     データの読み込み
     推論(inference)
     学習(learn)
     評価(evaluate)
    データ保存とフィルターの可視化
     学習データの保存
     フィルターの可視化
    CIFAR-10奮闘記
     正規化層を追加する
     訓練データを加工する
     ドロップアウトを設定する
     VGGNetのモデルを使う
     最適化アルゴリズムを変更する 
     バッチサイズを増やす

    価格

    1,100(税込)

    1,000円 (+消費税100円)

  • 実用 TensorFlowはじめました2 機械学習で超解像─Super Resolution

    本書はGoogleが公開している機械学習ライブラリ「TensorFlow(テンソルフロー)」を初めて使う読者のためのチュートリアルガイドです。シリーズ2冊目となる本書では、低解像度の画像を機械学習をつかって高解像度に変換する「超解像」をテーマに、機械学習に初めて触れるエンジニアのためのTensorFlowの基礎、実際に画像を使った機械学習に取り組むための初歩的な知識を掲載しています。
    【目次】
    TensorFlowの基礎
     TensorFlowとは
     データフローグラフ
     Tensor(テンソル)
     変数とプレースホルダー
     演算子のオーバーロード
     ブロードキャスティング
    CNNで超解像
     超解像とは
     モデルの定義
     学習
     画像処理
     評価
    超解像奮闘記
     畳み込み層とパディング
     画像の読み込み処理
     活性化関数
    さまざまなモデル
     モデル(9-5-5)
     画質の指標(PSNR, SSIM)
     Batch Normalizationの導入

    価格

    1,100(税込)

    1,000円 (+消費税100円)

  • 実用 TensorFlowはじめました3 Object Detection ─ 物体検出 

    【大好評「TensorFlowはじめました」シリーズ最新刊!】

    本書は、TensorFlowがオープンソースで公開されるまで「機械学習」に触れたことがなかった筆者が、TensorFlowを通じて機械学習に挑戦して、七転八倒した成果をまとめた「TensorFlowはじめました」シリーズの第三弾です。今回は画像の中から物体(イラストなら「顔」の部分など)を検出する「物体検出」を題材に、畳込みニューラルネットワークモデルの学習と評価・検証を行っています。
    【目次】
    第1章 TensorFlowの基礎
     1.1 TensorFlowとは
     1.2 データフローグラフ
     1.3 テンソル(Tensor)
     1.4 変数とプレースホルダー
     1.5 演算子のオーバーロード
     1.6 ブロードキャスティング
    第2章 グリッドベースの物体検出
     2.1 物体検出とは
     2.2 モデルの定義
     2.3 データセットの作成
     2.4 学習(訓練)
     2.5 検証
    第3章 物体認識奮闘記
     3.1 確信度と座標
     3.2 畳み込み層
     3.3 モデルの定義
     3.4 データセットの再作成
     3.5 学習・訓練
     3.6 検証
    付録 参考資料
    あとがき

    価格

    1,100(税込)

    1,000円 (+消費税100円)

付与コインの内訳

10コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「TensorFlowはじめました3 Object Detection ─ 物体検出 」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

本を予約しました

※予約の確認・解除はこちらから

予約済み書籍

キャンセル及び解除等

発売日前日以降のキャンセル・返品等はできません。
予約の確認・解除、お支払いモード、その他注意事項は予約済み書籍一覧をご確認ください。

お得な情報