セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

はじめてのお客さまへ
電子書籍(デジタルコンテンツ)

戦争にチャンスを与えよ

戦争にチャンスを与えよ-電子書籍 拡大する

試し読みを表示します。
スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

エドワード・ルトワック
訳者
奥山真司
ジャンル
新書
レーベル
文春新書
シリーズ
戦争にチャンスを与えよ
出版社名
文藝春秋
配信開始日
2017年04月21日
ページ概数
178 (※注)
一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

あらすじ・内容

国連・NGO・他国の介入が戦争を長引かせるのだ!
ベストセラー『中国4.0』の著者、待望の最新作!

著者は古今東西の歴史に通じる一方で、実際の戦場も経験しており、各国の安全保障アドバイザーとして活躍しています。
そのルトワック氏はこう断言しています。良心や正義感、人道的配慮にもとづく国連、NGO、他国による中途半端な介入が、「戦争」を終わらせるのではなく、「戦争」を長引かせている、と。なにも戦争を奨励しているわけではありません。「本当の平和は、戦争の当事者自身が戦争を倦むほど、徹底的に戦った後でなければ訪れない」のです。
「難民支援が難民を永続化させる」「軍事力ではなく同盟関係がすべてを制す」など、見誤りがちな「戦争」と「平和」の見方を正してくれます。

また、「平和のためにこそ尖閣に武装人員を常駐させろ」「日本の「あいまいさ」が中国の誤解を生む」「北朝鮮の核・ミサイル能力を侮るな」「日本が国連常任理事国になる秘策」といった日本への具体的な提言も満載。

【目次】
日本の読者へ――日本の新たな独立状態と平和
1 自己解題「戦争にチャンスを与えよ」
2 論文「戦争にチャンスを与えよ」
3 尖閣に武装人員を常駐させろ――中国論
4 対中包囲網のつくり方――東アジア論
5 平和が戦争につながる――北朝鮮論
6 パラドキシカル・ロジックとは何か――戦略論
7 「同盟」がすべてを制す――戦国武将論
8 戦争から見たヨーロッパ――「戦士の文化」の喪失と人口減少
9 もしも私が米国大統領顧問だったら――ビザンティン帝国の戦略論
10 日本が国連常任理事国になる方法
<訳者解説>

これもおすすめ! ( / )

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
サイコパス

741円(+税)

中野信子

文春新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
20歳若返る筋トレ(小学館新書)

日本国内のみ販売

坂詰真二

小学館新書

NEW!

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
東芝解体 電機メーカーが消える日

750円(+税)

大西康之

講談社現代新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
警察手帳

800円(+税)

古野まほろ

新潮新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
「歩きスマホ」を英語で言うと? 時...

日本国内のみ販売

石山宏一

小学館新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
黒田官兵衛 軍師の極意(小学館新書...

日本国内のみ販売

加来耕三

小学館新書

オトク!!

新書

  • 試し読みCheck!
輪になれナニワ ガンバ大阪の光輝と...

日本国内のみ販売

佐藤俊

小学館新書

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
人生の手引き書~壁を乗り越える思考...

800円(+税)

渡部昇一

扶桑社BOOKS新書

お客様が最近見た作品 ( / )

一括削除する

削除

新書

  • 試し読みCheck!
  • カートに入れる
戦争にチャンスを与えよ

788円(+税)

エドワード・ルトワック/奥山真司

文春新書

価格
788円 (+税)
851円 (税込) (※)

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。

クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。

詳しくは決済ページにてご確認ください。

複数商品の合計で税額に変動があります。

獲得コイン:7コイン (※)
新規会員限定!今なら300コイン利用で
488 (+税)
  • Webで試し読みする

    スマートフォン向けアプリでのイメージを表示します

  • カートに入れる

    購入前のご注意

    ランキング

    週間

    月間

    ページ先頭へ

    本文の終わりです