ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • BOOK☆WALKER11周年キャンペーン
ラノベ

処刑少女の生きる道(バージンロード)7 ―(仮)―

著者
佐藤真登
イラストレーター
ニリツ

あらすじ・内容

少女たちは、再びめぐりあう。

TVアニメ2022年放送決定!
新章突入!! 彼女が彼女を殺すための物語、廻天の第7巻。

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

電子書籍 最新刊 予約 コイン
価格

2022/4/16 (土) 配信予定

770(税込)

700円 (+消費税70円)

付与コイン
42(*詳細)

作品情報

シリーズ
「処刑少女の生きる道」シリーズ
著者
レーベル
GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
カテゴリ
ライトノベル
配信開始日
2022/4/16
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「「処刑少女の生きる道」シリーズ」シリーズ作品一覧(全8冊)

0円〜770(税込)

  • ラノベ 【先行無料配信】 処刑少女の生きる道(バージンロード) ―そして、彼女は甦る―

    ※この電子書籍は、『処刑少女の生きる道(バージンロード) ―そして、彼女は甦る―』(2019年7月12日配信予定)の「先行無料試読み」版です。
    掲載している内容は編集中のものです。表紙・口絵・挿絵・本文などが製品版と異なる場合があります。ご了承ください。

    この世界には、異世界の日本から『迷い人』がやってくる。
    だが、過去に迷い人の暴走が原因で世界的な大災害が起きたため、彼らは見つけ次第『処刑人』が殺す必要があった。
    そんななか、処刑人のメノウは、迷い人の少女アカリと出会う。
    躊躇なく冷徹に任務を遂行するメノウ。
    しかし、確実に殺したはずのアカリは、なぜか平然と復活してしまう。
    途方にくれたメノウは、不死身のアカリを殺しきる方法を探すため、彼女を騙してともに旅立つのだが……
    「メノウちゃーん。行こ!」
    「……はいはい。わかったわよ」
    妙に懐いてくるアカリを前に、メノウの心は少しずつ揺らぎはじめる。

    GA文庫大賞、7年ぶりの《大賞》作品!
    ――これは、彼女が彼女を殺すための物語。

    ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

  • ラノベ 処刑少女の生きる道(バージンロード) ―そして、彼女は甦る―

    この世界には、異世界の日本から『迷い人』がやってくる。
    だが、過去に迷い人の暴走が原因で世界的な大災害が起きたため、彼らは見つけ次第『処刑人』が殺す必要があった。
    そんななか、処刑人のメノウは、迷い人の少女アカリと出会う。
    躊躇なく冷徹に任務を遂行するメノウ。
    しかし、確実に殺したはずのアカリは、なぜか平然と復活してしまう。
    途方にくれたメノウは、不死身のアカリを殺しきる方法を探すため、彼女を騙してともに旅立つのだが……
    「メノウちゃーん。行こ!」
    「……はいはい。わかったわよ」
    妙に懐いてくるアカリを前に、メノウの心は少しずつ揺らぎはじめる。

    GA文庫大賞、7年ぶりの《大賞》作品!
    ――これは、彼女が彼女を殺すための物語。

    ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    682(税込)

    620円 (+消費税62円)

  • ラノベ 処刑少女の生きる道(バージンロード)2 ―ホワイト・アウト―

    「この海の近くには、霧があるのよ」
    古都ガルムをあとにしたメノウたちは、港町リベールへと辿りつく。
    入り込んだが最後、戻ってきた者はいないと言われるリベールの霧。それは、かつて南方諸島連合を食らいつくした、四大人災『霧魔殿』だった。死んでも蘇るアカリを殺しきる手段を求めるメノウは、処刑人としての任務を完遂するため、その魔の霧を利用することを思いつく。
    そんななか、メノウたちに接近するリベール伯の娘・マノン。“いなかった”はずの彼女の行動が、メノウたちの運命をアカリですら意図しない方向へと捻じ曲げはじめる――。
    彼女が彼女を殺すための物語、急変の第2巻!

    ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    671(税込)

    610円 (+消費税61円)

  • ラノベ 処刑少女の生きる道(バージンロード)3 ―鉄砂の檻―

    「お願いメノウ……私を処刑して」
    すべてを清浄な塩に変える力を秘めるという「塩の剣」。アカリ殺害のため、西の果てに封印されているその剣を目指しはじめたメノウたちは、バラル砂漠で鋼鉄の腕の修道女・サハラと出会う。メノウと面識があるという彼女は、なぜか自らの殺害を依頼してくるのだが――。
    一方、東部未開拓領域では、四大人災「絡繰り世」が蠢きはじめていた。あの【白】ですら殺しきれなかったという純粋概念【器】がメノウたちに迫る。
    回帰により軋む世界。アカリをめぐりすれ違いはじめるメノウとモモ。そして、動きだす導師「陽炎」――。熱砂のなか因縁が絡み合う、灼熱の第3巻!

    ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    660(税込)

    600円 (+消費税60円)

  • ラノベ 処刑少女の生きる道(バージンロード)4 ―赤い悪夢―

    「メノウちゃんが死んじゃうくらいなら世界なんて滅んでもよくない?」
    アカリとモモが消えた。信頼する後輩の裏切りに混乱するメノウは、教典から響くサハラの声に悩みつつも2人を追跡しはじめる。
    その頃、アカリとモモは、衝突を繰り返しながらもメノウからの逃亡を続けていた。絶望的にウマが合わない2人による、異世界人×処刑人補佐の禁忌のタッグ。しかし、“メノウ第一主義”な2人がなぜか逃亡中に始めたのは、モモによるアカリ強化スパルタトレーニングで――?
    交錯する異世界人、「第四」、そして第一身分。少女たちを待つのは希望か絶望か――。彼女が彼女を殺すための物語、赤に染まる第4巻!

    ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

    コイン12/8 (水) 09:59まで

    価格

    693(税込)

    630円 (+消費税63円)

  • 1
  • 2

おすすめ特集

付与コインの内訳

42コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

  • 予約購入分

    5%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「処刑少女の生きる道(バージンロード)7 ―(仮)―」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報