セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

本文の始まりです

担当者[光文社]のおすすめ
  • カテゴリ

担当者[光文社]のおすすめ

担当者(光文社)による『黒い羽』の推薦文

by 担当者 (光文社)
登録日:2016/05/10
山奥の研究施設で、一人また一人と、正体不明のモンスターに殺されていく人々。
そのハラハラゾクゾク感に、読む手がまったく止まらないはず。
殺人鬼は何者なのか? そしてそいつの目的は?
すべてが明かされたときには、驚愕必至です。
まるでジェットコースターに乗せられたかのようなドライブ感を味わってほしいので、ぜひともイッキ読みをおすすめします!

「警察小説」の概念を作ったといっても過言ではない

by 担当者 (光文社)
登録日:2016/04/11
「新宿鮫」というタイトルがあまりにも有名すぎて、読む前に読んだ気になっている人もいるのではないでしょうか? もったいない!
「警察小説」の概念を作ったといっても過言ではないシリーズです。何度も映像化されています。
どこから読んでも楽しめる作りになっているシリーズですが、やはり一作目、主人公・鮫島のあまりにも鮮烈過ぎる登場から、ずっぽりハマることをオススメします!

日本でもっとも有名な女性刑事――その軌跡

by 担当者 (光文社)
登録日:2016/04/11
姫川玲子が登場して、日本の警察小説シーンは大きく変わりました。
男社会の警察組織に臆せず向き合い、凄惨な殺人事件の捜査に活き活きと奔走し、なおかつ美しくあろうと身だしなみにも気を遣う魅力的な女性刑事は、彼女が初めてだったのです。
今、「姫川玲子シリーズ」には、こんな宣伝文句がつけられています。
「日本でもっとも有名な女性刑事――その軌跡」。
ぜひ、彼女の捜査に、立ち合ってみてください。

ページ先頭へ

本文の終わりです