電子書籍 《P》シリーズ マンガ

漫画: 北原文野 

まずは、無料で試し読み

試し読み

28ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

《Pシリーズ1》 L6~外を夢みて~ あらすじ・内容

文明が爛熟期を迎えたころ、突如地球規模の大戦が勃発し、人類は歴史と繁栄のすべてを失った。人類は核を逃れ、地下に移住するようになって数世紀。再び文化を取り戻しつつあった。そしてアトラス暦460年ごろ…その環境下の中で特殊な能力を持つものが現れた。いわゆる超能力者…後に《P》と呼ばれる者たちであった。E・S・P研究所。1人の少女が訓練をしていた…彼女の名前はメィリア…半年間の事故により記憶が喪失、日夜リハビリを続ける彼女は瞬間移動を得意とするテレポーターである。ここはL1-L7まで能力順によって階級が分けられており、メィリアはL6のメンバーであった。ある日、メィリアは自分にテレパシー能力がついたことを知り、さらには恐るべきクローン計画について知ってしまうのだった。北原先生がお贈りする、壮大なる超能力者《P》たちのサーガ! 難解なストーリーを読みやすく再編成!! シリーズ第1巻!!

この作品を共有
  

「《P》シリーズ」最新刊

地上へ逃げ込んだミリアムとリュシアンは、SSPのリーらと協力し合い、地下都市の弾圧される《P》救出に奔走していた。そして2人はアティカという子宝にも恵まれていた。順風満帆に見えた2人の新生活であったが、執拗にミレアムを追い続けるゲオルグIII世は、日々、テレパシー増幅装置でミレアムに呼びかけ続けていた……。そして地下都市から大量のPが消えている。この謎を追っていたゲオルグIII世は、ひょんなことから手がかりを見つけ、《P》が地上へ逃げているという事実を知ってしまう。ミレアムは地上にいる!! すぐさまゲオルグIII世は地上へと向かった……そして!? 北原文野先生がお贈りする壮大なる超能力者《P》たちのサーガ、待望の新シリーズ『ミリアムとリュシアンの章』第2章!! 《P》シリーズ第20巻!!

「《P》シリーズ」作品一覧

(20冊)

220〜330(税込)

まとめてカート

文明が爛熟期を迎えたころ、突如地球規模の大戦が勃発し、人類は歴史と繁栄のすべてを失った。人類は核を逃れ、地下に移住するようになって数世紀。再び文化を取り戻しつつあった。そしてアトラス暦460年ごろ…その環境下の中で特殊な能力を持つものが現れた。いわゆる超能力者…後に《P》と呼ばれる者たちであった。E・S・P研究所。1人の少女が訓練をしていた…彼女の名前はメィリア…半年間の事故により記憶が喪失、日夜リハビリを続ける彼女は瞬間移動を得意とするテレポーターである。ここはL1-L7まで能力順によって階級が分けられており、メィリアはL6のメンバーであった。ある日、メィリアは自分にテレパシー能力がついたことを知り、さらには恐るべきクローン計画について知ってしまうのだった。北原先生がお贈りする、壮大なる超能力者《P》たちのサーガ! 難解なストーリーを読みやすく再編成!! シリーズ第1巻!!

核戦争後の地球では、超能力をもった《P》と呼ばれる様々な能力者が息を潜めて生活している。過去に人間と不幸な争いがあったために、人間たちは理由もわからずに《P》を恐れ、迫害し、隔たりを作ろうとしていた。しかしそんな人間たちでさえ、密かに《P》が社会から抹殺されていることを知らなかった…。N市のP狩りから逃れてきたトゥリオは念動力者(サイコキノ)であるが、そこでアリステアという女性と会う。彼女はトゥリオが《P》だと知っても、「同じ人間だ」と初めて偏見なく自分を理解してくれた女性であった。そんなアリステアに心惹かれながら、いつかまた会えると信じ、トォリオは魔の手から逃げていく。そして体力がつきかけたときに出会ったのが…同じ《P》であるスロウ・ケアクであった! 北原先生がお贈りする、壮大なる超能力者《P》たちのサーガ! 難解なストーリーを読みやすく再編成!! シリーズ第2巻!!

アトラス暦500年代になっても、P(perplexer=混乱させるものの略)への迫害は続いていた。Pと人間との共存を願う者たちも出てくるのだが、一方でゲオルグIII世率いるSSP(特別秘密警察)によるP抹殺計画は日に日にエスカレートしていくのだった。ゲオルグIII世の甥っ子であるクァナは、ある日、物が透けて見えることに気がつき、自分がPではないのかと思い始める。そして、ゲオルグIII世のI世殺しを目撃し、SSPを率いるIII世自身もPであることを知ってしまう。…クァナとトォリオ、2人のPが出会うことで、クァナに大きな変化が現われる!! 北原先生がお贈りする、壮大なる超能力者《P》たちのサーガ! 難解なストーリーを読みやすく再編成!! シリーズ第3巻!!

「《P》シリーズ」の作品情報

レーベル
――
出版社
オフィス漫
ジャンル
マンガ 少女マンガ 女性向け SF ファンタジー
ページ数
280ページ (《Pシリーズ1》 L6~外を夢みて~)
配信開始日
2016年7月12日 (《Pシリーズ1》 L6~外を夢みて~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad