電子書籍 《P》シリーズ マンガ

漫画: 北原文野 

まずは、無料で試し読み

試し読み

28ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

《Pシリーズ1》 L6~外を夢みて~ あらすじ・内容

文明が爛熟期を迎えたころ、突如地球規模の大戦が勃発し、人類は歴史と繁栄のすべてを失った。人類は核を逃れ、地下に移住するようになって数世紀。再び文化を取り戻しつつあった。そしてアトラス暦460年ごろ…その環境下の中で特殊な能力を持つものが現れた。いわゆる超能力者…後に《P》と呼ばれる者たちであった。E・S・P研究所。1人の少女が訓練をしていた…彼女の名前はメィリア…半年間の事故により記憶が喪失、日夜リハビリを続ける彼女は瞬間移動を得意とするテレポーターである。ここはL1-L7まで能力順によって階級が分けられており、メィリアはL6のメンバーであった。ある日、メィリアは自分にテレパシー能力がついたことを知り、さらには恐るべきクローン計画について知ってしまうのだった。北原先生がお贈りする、壮大なる超能力者《P》たちのサーガ! 難解なストーリーを読みやすく再編成!! シリーズ第1巻!!

  • シェア:
  

「《P》シリーズ」作品一覧

(20冊)

220〜330(税込)

まとめてカート

P狩りを続けるゲオルグIII世とは対照的に、スロウたちPの味方をしたために重症を負ってしまったクァナ。クァナを助けたのは、SSP(特別秘密警察)のリー・カールセンという男であった。実はリーは、クァナと同じくPではあるのだが、妹・アビィのために仕方なく、P狩りをしていた。そんなとき父親クニヒコの死亡ニュースが入り、兄のクァネが精神崩壊したとの情報も舞い込んで来る。クァナは兄と面会し、その能力により、父殺しの真犯人を透視してしまう。そしてクァナはある行動に出た!! 人間とPは共存できるのか!? 北原先生がお贈りする、壮大なる超能力者《P》たちのサーガ! 難解なストーリーを読みやすく再編成!! シリーズ第4巻!!

人類が核戦争後、地下都市で細々と生きる時代。そしてその弊害ゆえに生まれ出てきた超能力者《P》。地下都市の安全を守るため、SSP(秘密警察)はPを捕らえ、罪があるなしに関わらずPを抹殺していた。しかも同じPを使って…。ガラス工芸家の息子として生まれたリー・カールセン。父が雑誌の取材を受けている際、父がPであることがばれてしまい、火災事故によって両親を亡くしてしまう。幼くして両親を亡くしたリーは、最愛の妹アビィと共に親戚の家に引きとられることになる。その場所でリーは、人の心が読める(テレパス)能力に目覚めるのであった。一方、親がPなら子もPでは、とSSPのロド氏がリーに迫っていた…!? 北原先生がお贈りする、壮大なる超能力者《P》たちのサーガ! 難解なストーリーを読みやすく再編成!! シリーズ第5巻!!

人の心には小さな花が咲いている。それを増やしていくのも減らして行くのも自分次第なのだ…。妹の命と引き換えにSSPになる道を選んだリー・カールセン。Pとしての能力(テレパス)を活かしロド氏の手伝いをする傍ら、SSP養成学校にも通っていた。その日もロド氏が学校にやってきて、リーのご出勤となった。犯人は、殺人犯のサイコキノという話だったが、テレパスであるリーは、それが嘘だということがわかり、仕事を拒否する。だが妹の話を出されるとやらざるを得ない……リーの心は葛藤する。北原先生がお贈りする、壮大なる超能力者《P》たちのサーガ! 難解なストーリーを読みやすく再編成!! シリーズ第6巻!!