電子書籍 おっちゃんのめっちゃ泣ける話(太陽堂出版) 文芸・小説

著: 高瀬甚太 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

おっちゃんのめっちゃ泣ける話(一) あらすじ・内容

最愛の姉ちゃんが危篤に陥った。病院に駆けつけた私は意識不明の姉に思い出の数々を語りかける。すると姉が……、『姉ちゃんの死』。家を出て行方不明になった父と残された母の思い。そして母の死。母の死を知った父は、通夜、葬式と、母の遺体の側で寄り添うように座り続けた……、『父を想う』他。

この作品を共有

「おっちゃんのめっちゃ泣ける話(太陽堂出版)」最新刊

妻に先立たれ、年老いた父母と暮らす私、その父母の体調が急変し、介護が必要になった。友人の紹介で戻った介護人斉藤和江は気性が穏やかでやさしいひとだった。斉藤和江のおかげで平和で幸せな日を過していたある日、その斉藤和江に求婚しようという男性が現れた。私は……。

「おっちゃんのめっちゃ泣ける話(太陽堂出版)」作品一覧

(9冊)

各275(税込)

まとめてカート

最愛の姉ちゃんが危篤に陥った。病院に駆けつけた私は意識不明の姉に思い出の数々を語りかける。すると姉が……、『姉ちゃんの死』。家を出て行方不明になった父と残された母の思い。そして母の死。母の死を知った父は、通夜、葬式と、母の遺体の側で寄り添うように座り続けた……、『父を想う』他。

毎日のように孫の幼稚園への送り迎えをしていた父が、私が妻と別れた日、寂しく幼稚園の前に佇み、孫の帰りを待っていた……、『父よ!』。十五歳の時に別れたきり会っていなかった息子が突然手紙を送ってきた。息子は三十歳になっていた。「おとん、昔のようにおれを抱きしめてくれ……」切ない手紙におとんの心が揺れる、『おとんへの手紙』。実話だから胸に沁みる、珠玉の短編が満載。

身体障がい者の私が出会った最愛の泰子、泰子もまた同じ障がいを抱える身だった。結婚し、幸福な毎日を送っていたある日、泰子が病に倒れる……、『泰子哀歌』。散歩に出かけた父が帰ってこない。探し歩くがどこにも父はいなかった。翌日、思わぬ形で父と再会する……、『父を探して』。他実話に基づく珠玉の短編がずらり。

「おっちゃんのめっちゃ泣ける話(太陽堂出版)」の作品情報

レーベル
――
出版社
太陽堂出版
ジャンル
文芸・小説
ページ数
43ページ (おっちゃんのめっちゃ泣ける話(一))
配信開始日
2016年7月27日 (おっちゃんのめっちゃ泣ける話(一))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad