ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • 72時間限定!新書・実用書コイン50%還元フェア
はじめてのお客さまへ
電子書籍(マンガ)

校舎のうらには天使が埋められている(1)

税込価格
462 (420円+消費税42円)
付与コイン
4 コイン

付与コイン4コインの内訳

会員ランク(今月ランクなし)
1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

3.6

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
漫画界、戦慄。衝撃のエレメンタリー・サスペンス! ――理花(りか)は引っこみじあんな女の子。やっとできた友だちとはなれ、赤ヶ瀬(あかがせ)小学校に転校してきました。「新しい学校で、新しい自分にかわりたい!」と意気ごんできたものの、なかなか勇気をだせません。そんな理花に最初に声をかけてくれたのは、勉強も運動もできる、かんぺき美少女のあいちゃんでした。「ようこそ4年2組へ! 君も今日からぼくらの×××だ!」

(C)Kariko Koyama/講談社

新規会員登録
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

「校舎のうらには天使が埋められている(1)」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
175

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2013/6/13
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

「校舎のうらには天使が埋められている」シリーズ作品一覧(7冊)

462(税込)

校舎のうらには天使が埋められているのシリーズ詳細ページへ

「校舎のうらには天使が埋められている(1)」のおすすめコメント

  • 教室の中で子供たちはいつだって残酷で過酷な生存競争を強いられている

    コミタンMBOOK☆WALKER スタッフ

    登録日:2013/06/20

    夕暮れの中、首輪を手にランドセルを背負った少女がたたずんでいる。

    そのかたわらには小枝を組み合わせて作られた十字架が見え、少女の表情はおびえているようにも困惑しているようも見える。

    ページをめくると、そこには「赤ヶ瀬小学校4年2組児童一覧」という顔入りの名簿が掲載され、出席番号14番の曽良野まりあという児童の顔が黒く潰されている。

    さらにページをめくると目次があり、それぞれ『第一話 出席番号30番 後堂理花』『第二話 出席番号21番 浜上優その1』と児童の名前が羅列されている。

    ここでもうザワザワとした気持ちは抑えられなくなり、そのまま読み進めるかどうか躊躇する。

    そして、読む。

    教室には支配者がいて弱者がいて強者がいて裏切り者がいて、力無きセイギの味方がいる。

    残酷で、おぞましい現実。

    もう途中で読むのをやめることはできない。

  • 表紙からは想像もつかない展開。

    本星歩BOOK☆WALKER スタッフ

    登録日:2014/03/10

    サスペンスとは書いてありましたが、それ以外あまり前情報を取り入れることもなく、軽い気持ちで1巻を読み始めました。
    ランドセルを背負った女の子、きれいな画風、「4年2組」。
    表紙から想像するに、元気な小学生たちがわいきゃいしている明るくさわやかな漫画なのかな~と思っていました。
    しかし、4分の1ほど読み進めたところから、物語は私の想像とは全く違う方向に。

    小学生らしいかわいらしい恋模様をうかがうことが出来たのもつかの間。
    「わんこ」に「かいぼう」…、子どもたちの無邪気さは本当に残酷で、読み進めるごとに心になにか黒くて重い何かを投げ込まれたような気持ちになりました。
    衝撃を受けると共に、読み進める手が止まらなくなり、5巻まで一気に読み進めることに。
    正直、あたたかい気持ちにはならないかもしれませんが、続きが読みたくなります。
    まずは1巻を読んでみてください。

    フィクションとはわかっていても、うちの弟の学校でも…なんてちょっと考えちゃいました。

他の作品のコメントを見る

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面
お得な情報