セーフサーチ設定を変更しました
ページの先頭です

ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

カテゴリから探す


本文の始まりです

3日間限定!文芸のほぼ全作品コイン33倍

はじめてのお客さまへ

仕事・職業電子書籍新着作品

新着作品一覧へ

電子書籍新着作品を更に読み込む

仕事・職業の日間ランキング

ランキング一覧へ

ピックアップ

仕事・職業一覧へ

大使閣下の料理人(6)

ハリウッドから凱旋帰国している女優・ラムに受け入れられなかった公のベトナム料理。「公邸料理人キラー」の異名を持つ矢崎(やざき)外務大臣からリベンジの場を与えられ、公はサイゴンにある日本総領事公邸でフランス料理のメインを作ることになった!! かつてベトナムが南と北に分かれていたことに気づいた公が作る「南の味」とは――!? そして、旧南ベトナムで24年前、ラムが口にした不思議な野菜に隠された純愛とは――!?

続きを読む

折りたたむ

大使閣下の料理人(6)

西村ミツル/かわすみひろし講談社

社長 島耕作(2)

試(ため)されるトップとしての資質。世界に通用するブランドを確立せよ! 「シンクグローバル」を合い言葉に初芝五洋(はつしばごよう)ホールディングスの変革に着手した島耕作(しま・こうさく)。世界に通用するブランドを確立するために「初芝五洋」の名前を捨て、新しいブランド名の社内公募を開始する。一方で、赤字続きの子会社であるフロンティア音響をグループから切り離すべきかどうかの決断を迫られることに!

続きを読む

折りたたむ

社長 島耕作(7)

再び島の前に姿を現した、上海マフィアのボス・曽烈生。曽は、中国政府から任された強大な権限を背景に、ボリビアとのリチウム獲得交渉を有利に進めていた。島は曽の暗躍の確証を得るため木暮に調査を依頼。韓国の李甲寿(イカプス)もまた、自国の調査員を派遣し真相を探る。日本・中国・韓国が繰り広げる三つ巴の暗闘。リチウム利権を巡るシーソーゲームが繰り広げられる――!

続きを読む

折りたたむ

社長 島耕作(15)

2013年初頭、尖閣諸島に中国人の「漁民」と主張する男たちが上陸。中国政府は「自国民救出のため」という大義名分を掲げ、尖閣に向けて中国海軍の主力艦を出航させる。この事態を受けて、防衛副大臣・加治一明(かじ・かずあき)が収束に向けて動き出した。果たして中国による尖閣の実効支配化を防げるのか? 一方、島耕作(しま・こうさく)は中国にいるテコット日本人社員の身を案じていた。日本企業への抗議行動が激化する中、島は重大な決断を下す。現実を凌駕する緊迫のドラマが、ここに!

続きを読む

折りたたむ

カバチタレ!(9)

貸せや銀行、貸すなや高利貸し! 借金してもそんな高利は踏み倒せ! 青木雄二もガッテン! ガッテン! 大野行政書士事務所、今日も依頼者のため全力投球! 法テク漫画の完全決定版!!

続きを読む

折りたたむ

カバチタレ!(9)

青木雄二/田島隆/東風孝広講談社

外資系企業志望の皆さんへ。30代で年収1億5000万円。バツイチ、バツ2は当たり前。男はバツ3から。TOEIC800点は、劣等生。← 現実を知ってから入社しましょう(笑)華やかなイメージの外資系の舞台裏(実話)を、ゆる~く描いたコミックエッセイ!

外資系はつらいよ

マッキンゼー、BCG、JPモルガン、ゴールドマンサックス志望の方へ。この物語は、英語がダメ、留学経験もなしのうら若きOLずんずんさん(24歳)が、ラッキーパンチで外資系金融機関に入り込み、「外資系」というちょっと変わった企業文化の中で奮闘する姿を描いたコミックエッセイです。

続きを読む

折りたたむ

外資系はつらいよ

ずんずんKADOKAWA / 中経出版

ページ先頭へ

本文の終わりです