ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

はじめてのお客さまへ
電子書籍(マンガ)

球場ラヴァーズ 私が野球に行く理由(1)

価格
500円 500 (+税)
獲得コイン
5 コイン

獲得コイン5コインの内訳

通常購入分
5コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

★ ★ ★ ★ ★

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
私、松田実央。16歳の高校生。ひどい事をしてしまった私を逆に励ましてくれた名も知らぬ「赤い帽子の人」に、もう一度会いたい……。東京ドームや神宮球場や横浜スタジアムや西武ドームのビジター外野席で熱心に「Cマークの赤い帽子」を被って声援を送るのは、皆さん、心優しき人々……熱狂的「赤ヘルファン」の著者が描く、野球素人・実央の広島カープ応援ライフ開幕!タテジマユニフォームもジャビット君もオレ流監督もハマの番長も、ダルもマー君もムネリンもT-オカダさんも、ご自分の贔屓のチームだけでなく、球場内にいるすべての野球を愛する人たちに、ぜひ読んでいただきたいヒューマン漫画です。もちろん、野球に素人の人でも楽しめます!これぞ、「野球をしない野球漫画」???(ちなみに、広島カープ応援漫画でありながら、舞台は東京や横浜や所沢ばかりです。つまり、「敵地」で戦う赤い軍団を愛する人々を描いているのです)

(C)石田敦子/少年画報社

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この作品を共有
  

「球場ラヴァーズ(ヤングキングコミックス)」シリーズ作品一覧(13冊)

500(+税)

球場ラヴァーズ(ヤングキングコミックス)のシリーズ詳細ページへ

「球場ラヴァーズ 私が野球に行く理由(1)」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
210

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2013/4/18
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad

「球場ラヴァーズ 私が野球に行く理由(1)」のおすすめコメント

  • プロ野球を愛するすべての人へ

    VシネギタリストBOOK☆WALKER スタッフ

    登録日:2013/10/24

    日本シリーズ開幕!
    そんな季節にピッタリな作品のご紹介です。

    赤い帽子の人を探して、なぜか東京ドームに足を運んだ女子高生の実央。
    そこではカープとジャイアンツのオープン戦が繰り広げられ、たまたま座った真っ赤な集団の応援席。
    そこで知り合った熱烈なカープファンのOLの基町とクリエイターの下仁谷に教えられるままにカープに、野球にのめり込んで いく。

    日常の辛い事を乗り越えるため、自分に勝つための術を野球から学び、どんどん輝く実央の高校生活。
    プロ野球には人を変えられる魅力がまだまだあることが熱く綴られています。

    人気低迷なんて言わせない!
    贔屓の球団が低迷していたって、これを読んだら日本シリーズが見たくなる!

    そして、プロ野球がもっと好きになる!

  • プロ野球を愛するすべての人へ

    VシネピアニストBOOK☆WALKER スタッフ

    登録日:2014/04/10

    シーズン開幕!
    そんな季節にピッタリな作品のご紹介です。

    赤い帽子の人を探して、なぜか東京ドームに足を運んだ女子高生の実央。
    そこではカープとジャイアンツのオープン戦が繰り広げられ、たまたま座った真っ赤な集団の応援席。
    そこで知り合った熱烈なカープファンのOLの基町とクリエイターの下仁谷に教えられるままにカープに、野球にのめり込んで いく。

    日常の辛い事を乗り越えるため、自分に勝つための術を野球から学び、どんどん輝く実央の高校生活。
    プロ野球には人を変えられる魅力がまだまだあることが熱く綴られています。

    人気低迷なんて言わせない!
    贔屓の球団が低迷していたって、これを読んだら「球場で」野球が見たくなる!

    そして、プロ野球がもっと好きになる!

他の作品のコメントを見る

「球場ラヴァーズ 私が野球に行く理由(1)」を見ている人にこれもおすすめ

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面