ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

マンガ

【最終巻】夜鬼 (3)

あらすじ・内容

八季の宴「ヒトツキ」が行われる東ノ沖島へと渡った翔。一族の秘密を暴くべく、恭平と滅鬼会の協力を得て調査を始める。そこに姿を見せたのは八季竜之介だった。竜之介の口から語られる戦慄すべき事実――。人気爆発の暗黒伝奇ホラー、堂々完結!!

電子書籍 完結
価格

550(税込)

500円 (+消費税50円)

付与コイン
5(*詳細)

作品情報

シリーズ
夜鬼(マンガボックス)
著者
レーベル
マンガボックス
出版社
マンガボックス
カテゴリ
マンガ
ページ概数
218
配信開始日
2020/3/25
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
  • 推奨環境
ページ概数

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

  • シェア:
  • キャンペーンの内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • サイトに記載の日時は日本標準時 (Japan Standard Time) です。

フォローリストを編集しました

「夜鬼(マンガボックス)」シリーズ作品一覧(全3冊)

550(税込)

  • マンガ 夜鬼 (1)

    霧の濃く立ち込める夜、高校生の八季翔(やき・しょう)は恋人の美咲が瀕死の状態で倒れているのを見つける。だが助けを呼びに行った翔が戻ると、彼女の身体は跡形もなく消えていた……。真相を知るため、親友やジャーナリストの力を借りて調査を始める翔。その行く手に立ち上がってきたのは、翔もそのひとりである八季一族――かつて絶海の孤島で人を喰らって生きてきたとされる「夜鬼」一族の、血塗られた歴史なのだった。社会派のモチーフに圧倒的なスケールで迫る、暗黒伝奇サスペンスホラー!!

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

  • マンガ 夜鬼 (2)

    ジャーナリスト・網野恭平の協力を得て、美咲の行方を追う翔。「八季」一族であることの自覚に苛まれながらも、翔は真実を求めて事態の核心に迫っていく。やがて物語は舞台を東ノ沖島へと移す。八季一族だけが参加する秘密の宴「ヒトツキ」の場で、翔が見るものとは――。話題沸騰の暗黒伝奇ホラー、待望の続刊!!

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

  • マンガ 夜鬼 (3)

    八季の宴「ヒトツキ」が行われる東ノ沖島へと渡った翔。一族の秘密を暴くべく、恭平と滅鬼会の協力を得て調査を始める。そこに姿を見せたのは八季竜之介だった。竜之介の口から語られる戦慄すべき事実――。人気爆発の暗黒伝奇ホラー、堂々完結!!

    価格

    550(税込)

    500円 (+消費税50円)

おすすめ特集

付与コインの内訳

5コイン

  • 会員ランク(今月ランクなし)

    1%

複数商品の購入で付与コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

会員ランクの付与率は購入処理完了時の会員ランクに基づきます。
そのため、現在表示中の付与率から変わる場合があります。

「夜鬼 (3)」評価・レビュー

評価

※評価がないか、表示数に達していません。

お得な情報