ライトノベル、マンガなど電子書籍を読むならBOOK☆WALKER

  • ニコニコカドカワ祭り2018(後半)
はじめてのお客さまへ
電子書籍(マンガ)

沙鬼霊異譚:3 返しの疾風(かやしのかぜ)

価格
300円 300 (+税)
獲得コイン
3 コイン

獲得コイン3コインの内訳

通常購入分
3コイン

複数商品の購入で獲得コイン数に変動があります。
クーポンご利用時はキャンペーンコイン付与の対象外です。
詳しくは決済ページにてご確認ください。

注意(購入前に必ずご確認ください。)

  • ・この商品は電子書籍です。(紙の書籍ではありません)
  • ・iOS・Android アプリをご利用される場合は、ご利用の端末にてあらかじめBOOK☆WALKERアプリが動作するか無料書籍などでご確認ください。
  • ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。
  • 端末の推奨環境もご確認ください。
  • ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。配信日時等を確認の際はお気をつけください。
  • ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。

詳しくはこちら

あらすじ・内容
山奥の森の中。必ず何本かはある葉もなく白く枯れ果てねじれて立つ木。その木の下には恨みや絶望、呪いを胸に抱えた人間の体が埋まっているという…。そんな不気味な樹木の下で、目のない謎の黒い獣に襲われた広恵。瀕死の重傷を負ったところを沙鬼に助けられる。この透野村では、同じような事件が1か月に6件も続発しており、決まって16歳の娘であった。沙鬼の母親代わりであり、巫女を生業としている汐留の婆サマは、この話を沙鬼から聞き、すぐに不気味なあの樹木の立つ場所まで案内させた。その木の幹には、無数の「呪詛釘(のろいくぎ)」の跡が…。そして婆サマの口から、透野村にそのすさまじい呪いの術で名を馳せた巫女「五鬼の姫」の伝説が語られるのであった…。炎のような赫い髪、淵よりも碧い瞳を持つ美少年・沙鬼。人は彼を鬼の子と呼ぶ。奇才・伊藤結花理が放つ本格ミステリーホラーシリーズ、感動のクライマックス!! 第3巻(全3巻)!!

(C)伊藤結花理,オフィス漫

新規会員登録をする(無料)
デジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

  

「沙鬼霊異譚:3 返しの疾風(かやしのかぜ)」の作品情報

レーベル
出版社
著者
シリーズ
ページ概数
180

一般的なスマートフォンにてBOOK☆WALKERアプリの標準文字サイズで表示したときのページ数です。お使いの機種、表示の文字サイズによりページ数は変化しますので参考値としてご利用ください。

配信開始日
2018/3/9
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad
この作品を共有

BOOK☆WALKERでデジタルで読書をしてみよう

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで気軽にマンガ、ライトノベル、小説などの電子書籍を楽しめます。

購入した書籍はブラウザ、またはアプリで読めます。

  • パソコン
    (Win、Mac)

    ブラウザビューア
    で読書できます。

  • iPhone/iPad版アプリ

    QRコード
    App Storeからダウンロード
  • Android版アプリ

    QRコード
    Google Playで手に入れよう
スマートフォンイメージ画面